あなたは、むずむず脚症候群という言葉は知っていますか?文字通り脚がむずむずしてしまう現象で睡眠障害の一種なんです!なんだか可愛い語感ですが、そんな可愛い語感に惑わされないでください!あなたの私生活に深く影響を及ぼす大変な病気なんです。

今回はそんなむずむず脚症候群について触れていきましょう。

むずむず脚症候群って何?

むずむず脚症候群の症状(Wikipedia引用)

自覚症状として、じっとした姿勢や横になったりしていると主に下肢の部分に(患者によっては、脚のみならず腰から背中やまた腕や手など全身にまで現れる)「むずむずする」・「じっとしていられない」・「痒い」だけでなく、「ピンでなぞられているような」・「針で刺すような」・「火照るような」・「蟻やミミズなどの虫が這っているような」などの異様な感覚が現われ時には「振動」のような感覚まで感じたりする場合もある。また「激しい痛み」を感じるなどさまざま。この苦しさは「脚の中に手を突っ込んでかき回したいぐらい苦しい」と表現する患者もいて、この症状の辛さを表している。

「むずむず」するだけではないんですね。
虫が這っているようだなんて絶対に考えたくないですね。
皆さんも絶対に想像なんかしちゃだめですよ絶対ですからね!

はい。おそらく皆さんは虫が自分の脚を這い回っている様子を想像したでしょう。
私は絶対にダメですよ!って書いてますからね!自己責任です!
書いてる私まで「むずむず」してきました。

これだけでもとても厄介な症状であることは想像いただけたと思います。

でもこれが何で睡眠障害なのか?

それは、上の引用文にもある通り「横になった姿勢」に出やすいからなのです。

これから寝るぞ!と、布団に入ったときに急に脚が「むずむず」したり「むしg・・」
おっと危うく危険なことを書くところでした。

むずむず脚症候群とストレス横になる ↓ むずむずして眠れない ↓ 日中の眠気でストレスを感じる

簡単に言うと
寝ようとして横になる→「むずむず」して眠れない→日中の眠気でストレスになる

という状態に陥り昼夜問わずストレスを抱えた状態に陥ってしまいます。

むずむず脚症候群は何が原因?

むずむず脚症候群は以下の二つが原因ではないかと言われています。

・神経伝達物質であるドーパミンの機能低下
・中枢神経における鉄分の不足による代謝の異常

いきなりドーパミンの機能低下といわれてもピンときませんよね?

まずドーパミンというのは必須アミノ酸であるフェニルアラニンやチロシンを材料としてL-ドーパという物質ができそのL-ドーパが変化しドーパミンとなります。上の説明から「フェニルアラニン」「チロシン」が不足している事が原因でドーパミンの機能低下を起こすことがわかると思います。

まとめると以下のようになります。

むずむず脚症候群は「フェニルアラニン」「チロシン」「鉄分」が不足している!

ではどうしたらいいのか?

ここまでで、むずむず脚症候群の原因には三つの栄養素(アミノ酸含む)の不足が関係していることが分かりましたね?それがわかれば後は簡単です。不足している栄養素を摂取すればいいのです!

ただ、上でなぜか「フェニルアラニン」だけが強調されていることに疑問を抱くと思いませんか?それにはちゃんとした理由があります。このサイトがなぜ「フェニルアラニン」を推すのか。

それは「フェニルアラニン」が「必須アミノ酸」だからです。

「必須アミノ酸」というのは体に必要なアミノ酸なのですが「人間が体内で生成できない」アミノ酸なのです。
上で出てきた「チロシン」というものも実はアミノ酸なのですがこれは体内で合成することができますし
「鉄分」に至っては食べ物から簡単に摂取できます。

必須なのに摂取が難しい「フェニルアラニン」これを簡単に摂取するにはサプリが一番効果的です。このサイトでは必須アミノ酸を豊富に含む潤睡ハーブというサプリを紹介しておりますので是非チェックしてみて下さい!