睡眠管理人です。

夢遊病子どもの17%に発症すると言われているくらい子どもに多い睡眠障害です。しかし大人でも夢遊病になることがあります。子どもの夢遊病と大人の夢遊病の違いや、大人の夢遊病の症状や原因などを確認してみましょう。

(子どもの夢遊病については別の記事で紹介しています。)

子どもと大人の夢遊病の違い

子どもの夢遊病については脳が成長していき思春期になっていくにつれ症状がなくなっていきます。子どもの場合だと自然に改善されていくことがほとんどなので特に病院での治療をしていただく必要は基本的にはありません。

しかし大人の夢遊病に関しては子どもと症状が同じでも病院での治療をする必要があることが多いので原因なども詳しく確認していきましょう。ちなみに夢遊病の主な症状については子どもの夢遊病の記事で紹介しているので見てみてください。

大人の夢遊病の原因

夢遊病が引き起こされる要因としては、大人の場合も子どもの夢遊病と同じく脳の一部分(運動を司る部分)が覚醒することにより現れます。そして子どもの場合は脳が未発達なことによって脳の一部分が覚醒しますが、脳が成長しきった大人の場合は何が原因なのでしょうか。

実はまだ具体的な原因はわかっていません。しかし夢遊病の発症率を上げる原因は少しずつわかってきています。
発症率を上げる主な原因

夢遊病の発症率を上げる・精神的ストレス ・月経による影響 ・過度なアルコール摂取 ・慣れない環境での睡眠

上記の原因に共通するのはすべて睡眠の質を下げ、睡眠のリズムを崩してしまうということです。これらの要因を取り除いていくことにより改善や予防につながるかと思います。

大人の夢遊病の対策

夢遊病の主な原因となっていることを取り除く必要があります。特にストレスに関しては、現代人の多くがストレスにさらされている状況です。本来睡眠にはストレス解消の効果があるので睡眠を十分にとることが大切になってきます。

原因を取り除くことにより睡眠の質が高まり予防に繋がりますが、直接睡眠の質を上げた方が簡単に解決できると思います。しかしすでに夢遊病になってしまった場合は基本的に病院で治療をしていただく必要があります。

大人の場合は子どもと違って複雑な行動をとったりすることもできます。極端な話、物を食べたり、車の運転をしたり、殺人まで起こしてしまったり、といったことも過去には実際にありました。

大人の夢遊病は怖いことも多いので基本的に症状が現れたら病院へ行くようにしましょう。また、ストレスなどに普段さらされている人は、天然成分でリラックスできるマインドガードDXを飲んで睡眠の質を高めると結果的に夢遊病の予防に効果的です。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~