こんにちは。睡眠管理人です。この記事は月曜日に書いています。

月曜日といえば一般的には連休明け、少し憂鬱な気分で迎える方も少なくないのでは?旦那も月曜日が苦手な部類で、日曜の夕方は典型的なサザエさん症候群になっています。さて、そんな憂鬱な月曜日ですが、そもそもなぜ月曜日が憂鬱なのでしょう?

大抵の人は、平日の始まりなので休日モードからの切り替えがうまくいかずに憂鬱と答えると思います。つまり精神的な問題であるという回答です。

ただ、月曜日が憂鬱なのが睡眠のせいだとしたらどうでしょう?本日はそんな憂鬱な月曜日を睡眠によって明るく変えようというお話です。

月曜日が辛いのは睡眠の乱れが原因!

みなさん休日はゆっくり休んだり、出かけたり、普段とは少し違った生活リズムになることが多いと思います。その変化したリズムの中で、就寝時間や、起床時間まで乱れていませんか?

「明日は休みだから夜更かししよう」
「今日は休みだからゆっくり寝よう」

じつは、そんな睡眠の乱れが、体力の低下を招いているのです。そして、体力が低下することにより月曜日が憂鬱になってしまうのです!

休暇中こそ睡眠のリズムに気を付けて!

ここまで、睡眠のリズムが体力の低下を招くというお話をしましたが、これをもう少し掘り下げてみましょう。まず、睡眠のリズムが崩れることにより、朝日を浴びる時間が遅くなってしまったり、短くなってしまいます。この「朝日」はとても重要で、人間は朝日を浴びることにより「メラトニン」というホルモンの分泌スイッチがONになります。

そして、ONになってから約15時間後くらいから分泌され始めます。この「メラトニン」は眠気を誘発し、「成長ホルモン」の分泌を促す働きもあるのです。成長ホルモンは細胞の回復や再生、疲労回復に効果があります。

ですから、朝日を浴びる時間が遅かったり、すると睡眠時に十分な「メラトニン」が分泌されず、成長ホルモンが不足してしまい、結果として疲労回復が不十分な状態になってしまうのです。そんな疲れた体では、当然月曜日は憂鬱ですよね?これが「憂鬱な月曜日と睡眠の関連性」です。

せっかくの休暇なのに体力が回復するどころか低下してしまっては本末転倒ですよね!なので、休暇中こそ、本来と同じ時間での就寝・起床を心がけることが必要なのです。

正しい睡眠で明るい月曜日を迎えよう!

さて、規則正しい睡眠のリズムを維持することによって休暇中の体力低下を防止しようというお話をしてきましたが、いかがでしたか?

まとめると

月曜日が憂鬱になる原因・月曜が憂鬱なのは休暇中の睡眠のリズムの乱れ ・メラトニン、成長ホルモンの不足につながる ・成長ホルモンが不足し、体力が回復しない ・体力が低下した状態なので月曜日が憂鬱になる ・規則正しいリズムで睡眠を取ることが大切

・月曜が憂鬱なのは休暇中の睡眠のリズムの乱れ
・睡眠のリズムの乱れは「メラトニン」「成長ホルモン」の不足につながる
・「成長ホルモン」が不足することにより体力が回復しない
・「体力が低下した状態」で月曜日を迎えるため、月曜日が憂鬱になる
・休暇中こそ規則正しいリズムで睡眠を取ることが大切

以上になります。

規則正しい生活は本当に大切という事ですね!こういった生活リズムの改善だけで、見違えるほどの効果が出てくるのが睡眠の面白いところです。ですが、生活リズムだけではなく、現在の睡眠を根本から見直して睡眠から質の良い睡眠へ変化させることができればその効果は何倍にもなります。

この「質の良い睡眠」については睡眠の質を上げる9つの方法で詳しく説明していますので是非チェックしています。そして、その質の良い睡眠を少しでも簡単に手に入れるためのサポートアイテムとしてサプリメントの存在も見逃せません。気になった方は、睡眠管理人が評価した睡眠サプリランキング!で睡眠管理人が厳選した睡眠サプリメントを紹介していますのでこちらも見てみて下さい。