あなたは夜驚症を知っていますか?正式には睡眠時驚愕症とよばれている睡眠障害の一種です。この夜驚症は夜中に突然目覚めて泣き叫ぶといった症状が現れます。特に子どもに多い症状です。

突然そんな症状が出たら心配になってしまいますよね。夜驚症について詳しく確認してみましょう。

夜驚症の症状

夜驚症は睡眠中に恐怖に襲われるある種の発作だといわれています。突然怯えながら起き上がり泣いたり叫びだしたりします。主に子どもに多く、子どもの5%が発症しているといわれている睡眠障害です。

夜泣きと間違えがちですが夜泣きは浅い睡眠のときにおきるので声をかけてあげればすぐに目が覚めます。しかし夜驚症の場合は深い睡眠から急に脳の一部分だけが覚醒して目を覚ますため声をかけても反応はしません。さらに夜驚症の場合は呼吸が早くなったり、大量に汗をかいたり、場合によっては嘔吐してしまうこともあります。

夜驚症は夢遊病と併発することもありますので夢遊病についても詳しく確認してみましょう。通常夜驚症は30秒~5分くらいでおさまりますが、その後はまた普通に睡眠に戻ります。朝起きると覚えていないことが多いのですが何らかの怖いイメージは覚えていることが多いですね。

ちなみに夜驚症は睡眠に入ってから最初の3時間で主に症状が出るのですが、それはその時間帯が最も深い睡眠をとっていることが要因になっています。しかし夜驚症は成長の過程で改善されていくので安心してください。

睡眠障害の睡眠時驚愕症・脳が発達途中である ・感情を司る部分が覚せいする ・しかし、成長とともに改善される

中には大人でも夜驚症になる場合がありますがこれについては最後の方で対策など紹介していきます。

夜驚症の原因

夜驚症の原因は明確にはわかっていません。今のところは脳が発達途中なことが原因なのではないかといわれています。なので脳が発達することによって夜驚症も自然となくなっていくわけなんですね。

そして脳の一部分、感情を司る部分が覚醒することによって感情の制御が出来ず泣き叫んだりしてしまいます。感情の中で最も記憶されていくのは恐怖の感情です。脳の一部分が覚醒することによって真っ先に恐怖感が現れていくことが泣き叫んだりしてしまう原因をつくっています。

ではこれらの症状とどのように向かい合っていけば良いのでしょうか。対策なども併せて確認してみましょう。

夜驚症の対策や改善

夜驚症は何らかの怖い体験が結び付いていることが多いです。その恐怖心を和らげていくことによって夜驚症の症状が治まっていくことがあります。しかし夜驚症は通常であれば本人の健康に影響を及ぼすものではないので基本的には自然になくなるのを待つことが多いです。

もし夜驚症の症状があまりに頻繁に現れるようであれば周囲の人の睡眠を妨げることにもなってしまいますのでその場合は病後への受診をすることもあります。

ちなみに大人も夜驚症になることがありますが主な原因にはストレスがあります。もし大人で夜驚症になった場合は睡眠の質を高めると、本来の睡眠の役割であるストレス解消に繋がります。大人が夜驚症を発症した場合は睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認して予防や改善をしてみてください。