食後に横になることありますよね。大体は食べ過ぎてお腹が苦しいときだと思います。しかし食後横になるときは右向きがいいとか左向きがいいとか、情報が混在してて本当にいいのはどっちなのかわからなくなってきませんか?実は私も右向き左向きはどちらがいいのかわからなかったので徹底的に調べてみました。

食後に横になるのっていいこと?

そもそも食後に横になるのは良いことなのでしょうか。食べてすぐ寝ると牛になるなんて言われて太るイメージがありますがこれは単純にだらしがないという意味ですので太るというわけではありません。

食後は横になることによって消化に集中することができるのでむしろ良いことなのです。しかし夜睡眠に入る前に食事をとるとエネルギーが蓄えられるため太ります。食後に横になるのであれば、ただ寝転がるだけか、軽い仮眠をとる程度にしましょう。

軽い仮眠であれば消化に効果的で、消化器が適度に休まり目が覚めたあとに消化活動が再開するので特に問題はありません。では横になることが良いことだということが分かっていただけたかと思いますが問題なのは横になるときの向きです。これはどっち向きが良いのでしょうか。

食後に横になるときは右向きか左向きか

結論から言うと右向きの方が正しいと言えるでしょう。これには理由があります。まず胃の出口が右にあるため、右向きで横になると食べ物がスムーズに胃から腸へ流れていきます。そのため消化を促進させることができます。

右向きに寝ると良い理由・胃から腸へスムーズに流れる ・消化に集中することができる

もし左向きで横になった場合は食べ物が胃の出口にうまく向かっていかないので胃のなかに食べ物が残りやすくなってしまいます。食べ物が残ると消化不良を起こしてしまいますので注意が必要です。そのため食後横になるときは基本的には右向きが正解だと言えるでしょう。

しかし中には左向きで横になる方がいい人もいます。右向きで横になると胃の入口も下を向いてしまいます。そのため食べ物や胃酸が逆流して食道に炎症を起こしてしまうことがあります。

なので胃の中の物が逆流しやすい逆流性食道炎の人は左向きで横になるのが良いでしょう。

食後に横になり仮眠をとる

食後横になるときは右向きか左向きかは人それぞれだということがわかりました。これは寝転がるときも、食後に仮眠をとる場合も一緒です。食べ物が逆流しない限りは食後は基本的には右向きが良いでしょう。

食後に横になり、ついウトウトしたときは仮眠の範囲でなら睡眠に入っても問題はないです。もし食後に睡眠をとる場合は効果的な仮眠についても確認してみましょう。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~