普段の睡眠不足仮眠昼寝によって解消されるのは知っていましたか?正しい方法で仮眠をとると短時間で睡眠不足を解消したり疲労感を取り除くことができます。そんな効果的な仮眠の方法をご紹介します。

仮眠の効果

人間の身体は疲労が溜まるとそれを解消するために眠気がくるようになります。そして仮眠をとることによりその疲労を解消できます。仮眠を効果的にとると短時間の仮眠でも、通常の睡眠の2~3時間分の疲労回復効果があります。

なので睡眠不足の状態で仕事や作業を続けるよりも、眠気がきたと思ったら1度仮眠をとることにより集中力が増し仕事や作業の効率もグンと上がることでしょう。実際に2時間作業を続けているよりも2時間の間で休憩をとりながら同じ作業をした方が結果的に多くの作業をこなせることが多いのです。

それではここからは仮眠の方法をご紹介していきましょう。

効率よく効果的に仮眠をとるには

仮眠には効果を高めるための大切な3つの項目がありますのでそれぞれの項目を確認してみましょう。

効率よく仮眠をとるには・仮眠の時間  15~20分 ・仮眠の体勢  椅子に座ったまま ・仮眠から目覚めた時  太陽の光を1分以上浴びる

・仮眠の時間

仮眠は15~20分の範囲でとりましょう。もしそれ以上仮眠をとってしまうと脳が睡眠モードに切り替わるため、目覚めたあとも眠気が続き逆効果になってしまいます。

・仮眠の体勢

仮眠の目的はあくまで脳の疲労回復のためです。横になると身体も回復できるのですが、逆にリラックスしやすくなってしまい熟睡しやすくなる恐れがあります。なので仮眠をとるときは椅子に座ったまま脳の回復に集中するのが良いでしょう。

・仮眠から目覚めたとき

仮眠から目覚めると大抵は眠気がまだ残っています。しかし、脳は回復できているので目覚めたときに脳の活動を切り替えさせる必要があります。そのためには目覚めてすぐに太陽の光を1分以上浴びることが大切になります。その光の刺激により脳が覚醒するのでスムーズに目覚められます。

もし太陽が出ていなかったり太陽の光を浴びれる環境にいないときは、冷たい水を飲んだり顔を洗ったりするのも効果的です。これらのことを守って仮眠をとれば、脳の疲労回復に役立ち眠気もすっきりとれるでしょう。一番のポイントは深い睡眠に入らないことです、浅いうちにすっきり目覚めましょう。

間違った仮眠の方法

それでは最後にやってはいけない間違った仮眠の方法を紹介します。一番やってはいけないのはついうっかり熟睡してしまうことです。前提が仮眠なので熟睡は必要ありません、それどころか目覚めるのが難しくなり結果的に眠気を増やしてしまう原因にもなります。

あと時間帯も実は大事で、15時以降に仮眠をとってしまうと夜の睡眠に影響を及ぼしてしまいます。逆にいえば15時までなら仮眠をとっても夜の睡眠に入れないということはないので問題ありません。最近では会社でも昼食を食べたあとに仮眠の時間を設けるところも増えてきています。

それは仮眠が仕事の効率を上げるために大切だということが認知されてきたからでしょう。あなたも効率よく仮眠をとり、睡眠不足の解消に役立ててみてはいかがでしょうか。根本から睡眠不足を解消するためには、睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、夜の睡眠をしっかりとることも忘れないようにしてくださいね。

 

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~