睡眠には寝返りをしますよね。寝返りしているのを見ると寝苦しいのかなと感じてしまいがちですが、実は寝返りは質の高い睡眠に必要不可欠な要素だってことを知っていましたか?今回は寝返りの必要性などを紹介していきますので確認してみましょう。

寝返りの主な効果

健康な人であれば通常1回の睡眠で20~30回の寝返りをうちます。寝返りには睡眠の質を高めるための多くの役割があるのでこれだけ多く寝返りをうつのですね。それでは寝返りの役割をまとめてみましたので確認してみましょう。

bandicam 2016-04-15 01-02-24-450

血行が滞るのを防ぐ

睡眠時に長時間同じ姿勢を続けていると体重がかかっている部分が圧迫され血行が滞ります。血液には酸素や栄養を全身に巡らせる役割がありまので、血行が滞った状態だと身体に悪影響を及ぼしてしまいます。そのため睡眠時の寝返りによって血行が滞るのを防ぐことができています。

身体にかかる負荷の軽減

同じ部位に常に重力がかかっていると、重力による負荷により身体が歪んでしまったり、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。寝返りをうつことによって身体にかかる重力を分散させ、負荷を軽減させることができます。

熱や湿気を逃がす

例えば、仰向けで睡眠をしていると背中に熱や湿気がこもりがちですよね。寝返りをうつことによって熱や湿気を逃がし朝まで快適に睡眠をとることができます。寝返りには、睡眠の質を落とさないためにこれだけの役割があります。では寝返りが満足にうてないとどのような弊害があるのでしょうか。

寝返りができないことによる悪影響

そもそも寝返りをうてないのにはどのような原因があるでしょう。寝返りがうてないということは、それだけ狭い環境で睡眠をとっているか布団によって圧迫されている可能性があります。では寝返りをうてないことによる悪影響も確認してみましょう。

身体が痛くなる

寝返りをうたずに同じ姿勢で睡眠をとると、全身の筋肉が疲れてしまい身体が痛くなってしまいます。痛くなるだけではなく全身がだるいと感じてしまうこともあります。

姿勢が悪くなる

寝返りをうたないことによって身体が歪んでしまい姿勢が悪くなってしまいます。さらに自律神経も圧迫されるので自律神経失調症になってしまうこともあります。

睡眠不足になる

熟睡ができないため身体の疲れがとれなくなり、朝もスッキリしませんし日中も眠気が襲ってきます。そのままにしておくと慢性的な睡眠不足になってしまうでしょう。寝返りがうてないことによって身体に不調が出てしまうのはもったいないと思います。ではどうすれば寝返りがスムーズにうてるようになるのでしょうか。

快適な睡眠をとるためにスムーズな寝返りを

スムーズな寝返りのためには睡眠の環境を整えることが大切です。布団の重さや枕の高さ、パジャマがゆったりしているかなどを考えていく必要があります。朝起きてスッキリ感がなかったり長時間睡眠をとったはずなのに睡眠不足感があったりすると寝返りが満足にうてていない可能性があります。

寝返りをうつときは睡眠が浅い状態でもあるので、寝返りが妨げられたりすることにより寝返り中に目が覚めてしまうこともあります。まずは睡眠をとる環境を整え、睡眠の質を高めることで健康的に快眠してみてはいかがでしょうか。

睡眠の質を高めるのであれば、寝返りをしっかりうつことの他に、睡眠サプリメントによっても高めることができますので相乗効果が期待できると思います。