睡眠の質を高めることにより楽器演奏が上達するのは知っていましたか?睡眠時間を削り夜な夜な楽器を触って上達させようとする人が多いのですが、実は睡眠をしっかりとっている人の方が楽器の上達が早いと言われています。それはなぜなのでしょうか?

睡眠と楽器の演奏技術の関係

楽器の演奏にあたって大切なのは音を覚えたりスムーズに演奏することにあると思います。しかしうまくいかないことの方が多いと思います。もしかしたらそれは睡眠時間を削って練習しているのが原因かもしれません。

睡眠しっかりとることにより練習したことを頭のなかでしっかりと整理することができますので、高い演奏技術を身に付けるのであれば質の良い睡眠をとるのが良いでしょう。起きている間に記憶の整理はされないので次第に記憶力や集中力は低下していってしまいます。

その状態で練習を続けていても効率は悪くなっていくばかりです。なので1度睡眠をとり、脳をリフレッシュさせてあげることが演奏技術の向上に繋がっていきます

睡眠による演奏技術向上のメカニズム

睡眠と楽器の演奏・楽器の演奏は記憶の連続  リズム、メロディー、指の動きなどを覚える ・記憶の整理はされない  起きてる間に記憶の整理はされず低下する ・脳をフル回転させるには睡眠  1度でも睡眠をとると、脳の疲労回復がする

楽器の練習は常に覚えることの連続です。指の動きやメロディやリズムなど覚えることが多いと思います。そのため脳は常に活発に動いていますので、段々脳に疲労が溜まっていってしまいます。

そこで1度睡眠をとることにより、脳の疲労が回復していきます。さらに覚えたことを定着させる記憶力の鍵は睡眠にあるので、演奏技術の向上に睡眠は不可欠なのです。ただ睡眠が大事だといっても練習をあまりせず睡眠をとっても効果は実感しにくいでしょう。

なので練習量もこなし脳をフル回転させてから睡眠により回復させるのが望ましいです。大切なのは練習と睡眠のバランスという訳なんですね。

楽器の演奏技術を高めるための効率の良い睡眠のとりかた

それでは演奏技術を高めるための効率の良い睡眠方法を紹介していきましょう。特にお子さんが音楽でプロを目指していたり強豪校の吹奏楽部に入っていたりするのであればより高い演奏技術が必要になってきますので、効率を上げることが大切にもなってきますよね。

これは楽器の演奏技術向上以外にもいえることですが理想的な睡眠時間は7時間です。練習に夢中になるのもいいことですが、しっかりと睡眠をとりより楽器を上達させたいですね。睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことも確認し、練習だけではなく睡眠にも気を使ってみてください。