部屋に間接照明があるとなんだかおしゃれですよね。部屋の見映えを良くする間接照明ですが、実は睡眠の質を上げるのにも効果的だったのです。

間接照明とは

照明には大きく分けて二種類あります。それは直接光をあてる直接照明と、壁などに光を反射させる間接照明です。基本的によく見かけるのは直接照明の方ですよね、直に見ると眩しく感じてしまうことも多いです。一方間接照明は光が反射して明るさが柔かくなります、そのためいいムードを作ることができおしゃれな印象を受けます。

睡眠前の間接照明の役割・副交感神経が優位に立つ  やわらかい光によって、リラックスできる ・視線を集中させることができる  視覚による脳の興奮を抑えることができる ・寝つきがよくなる  リラックスでき、スムーズに睡眠に入れる

間接照明を導入するだけで部屋の印象ががらっと変わりますので、おしゃれな部屋にしたいのであれば間接照明を置くといいでしょう。ではインテリアとして活躍してる間接照明ですが、見映えが良いことの他にどのような役割があるのでしょうか。

間接照明の役割

間接照明にはいくつかの役割があります。まずあげられるのはリラックス効果ですね。柔らかい光に包まれることによって副交感神経が優位に立つため心が安らぎリラックスすることができます。

他にも部屋が広く見えたり、視線を明かりの照らされている一ヶ所に集中させるような効果もあります。特に睡眠に大切なのはリラックス効果でしょう。興奮した状態だとどうしても寝付きが悪くなってしまうため、睡眠に入る前にリラックスすることが必要になってきますね。

間接照明を取り入れることによりいつもよりも寝付きが良くなり熟睡感が得られるかもしれません。

間接照明で睡眠の質をあげる

間接照明には睡眠の質を上げるために大切な、リラックス効果があることがわかったかと思います。これは直接照明にはあまりない効果でしょう。間接照明の明かりの色はオレンジなどの暖色系がおすすめで、明るさを調節できる機能があればなおのこと良いでしょう。

ただせっかく良い睡眠のために間接照明を取り入れても、他の要因で光にさらされてしまっては意味がありません。最近では特にパソコンやスマートフォンなどの画面に使われているブルーライトが、睡眠に対して悪い影響を与えると言われています。

ブルーライトは体内時計を狂わせるので、睡眠に入る1時間前にはブルーライトを浴びないようにして、間接照明でリラックスして睡眠に入っていただくと睡眠の質が高まるでしょう。そうすれば熟睡感も得られて睡眠不足の解消にも効果的だと思います。