ベッド睡眠をとる人がいれば布団睡眠をとる人もいますよね。旅行に行ったときだって部屋の様式によってベッドか布団か分かれているかと思います。ではぐっすり睡眠をとれるのはどっちなのでしょうか。自分に合ったのはベッドと布団どっちなのかを知ってほしいので、それぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう。

ベッドのメリットとデメリット

まずはベッドのメリットとデメリットを確認してみましょう。

ベッドを使うメリット

ベッドのメリット・手間がかからず、使い勝手が良い  出し入れの必要がなく、そのまま置いておける ・ほこりなどのアレルギー対策  床より30㎝高ければほこりの対策となる ・床の温度や湿度の影響を受けない  床に接地していないので、直接影響を受けない

・部屋に置いておくだけなので布団の出し入れをしなくていい

・埃などのアレルギー対策になる

・横になったり起き上がったりするときの動作が楽

・床の温度や湿度の影響を受けにくい

・照明や収納が一体型になっていて使い勝手がいいものが多い

ベッドを使うデメリット

・場所をとる

・重たいので模様替えがしにくい

・きしむ音が気になりやすい

・ベッド下の掃除が面倒

ベットのメリットとデメリットをあげていきました。

アレルギーに悩まされている人は結構多いと思うので、アレルギーの対策になるのは大きなメリットではないのでしょうか。ちなみに埃は床から30センチまでが一番舞っています、大抵のベットは30センチより高いため埃の影響が少ないと言えるでしょう。証明がついていたり収納スペースがあるベッドは本当に使い勝手がいいですしね。

ただ一人暮らしのワンルームだったりするとベッドだけで大幅にスペースを使うことになるので邪魔になりますよね。きしむ音もあまりにひどいと動く度にうるさいのでなかなか寝付けなくなりそうですよね。では次に布団のメリットとデメリットも見てみましょう。

布団のメリットとデメリット

布団を使うメリット

・布団を広げれば使えるのでどこでも睡眠をとれる

・背筋がまっすぐになるので身体の歪みを矯正できる。

・寝相が悪くても落ちることがない

・天日干しにできるので清潔に保ちやすい

・ベッドに比べると価格が安い

布団を使うデメリット

・布団を毎回出し入れしなければならない

・床に近いので埃っぽい

・収納スペースを確保する必要がある

・長期間つかっていると固くなる

布団のメリットとデメリットをあげていきました。

布団は広げればどこでも睡眠をとれるのはいいですね。部屋も多目的に使えるので自由に使えるスペースが広くなりますし。身体の歪みが矯正されるのもいいですね、肩こりや腰痛、猫背の解消にもなりそうです。ただ毎回出し入れするのは面倒ですよね。

かといって出したままにしておくと布団の下に湿気が溜まってカビなどの原因にもなってしまいます。埃の影響も受けやすいのでカビとのダブルパンチになってしまうとアレルギーが悪化したり、アレルギーが新たに発症してしまうこともあるのは怖いところです。

ベッドと布団どっちがいいの?

ベッドと布団にはどちらにも良さや悪さがあり、人それぞれ自分に合った方を選んでいただければ良いのかと思います。しかし今までベッドや布団、どちらか一方で睡眠をとることが多かったのであれば、どちらかもう一方に切り替えてしまうと環境の変化により睡眠の質が下がってしまうのが怖いですよね。

でもそんな心配は無用です。睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認することにより、睡眠の質の低下は抑えられると思いますので、これからは自分に合った方を試してみるといいと思います。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~