旅行などで早起きしなければいけない前の日の夜ってなかなか眠れないですよね。そのせいで起きれない恐さも増します。ではそんなときはどうするのが良いのでしょうか。しっかり早起きをしてその日一日を充実した気持ちで過ごしてほしいので対処法をご紹介します。

なぜ早起きの前の日は寝付けないのか

そもそもなぜ早起きの前の日はなかなか寝付けないのでしょうか?それは早起きしようと気を張ってしまうため精神が高ぶることが主な原因なのではないかと思います。例えば旅行のときは楽しみで興奮して寝付けなかったり、出張のときは起きれるかなと心配になり寝付けなかったりしてしまいますよね。

さらに睡眠に入るときは意識的に入れるわけではないので、どうしても睡眠に入るのを待つ必要があります。普通なら睡眠に入れる状態なのに、早起きの緊張で寝付けないのはもったいないですよね。

早起きに必要な心構え

睡眠に入るために大切なのはリラックスすることです。本来であれば早起きの前の日でも特に気負うことなく、睡眠に入れれば一番良いのですがなかなか難しいですよね。睡眠に入るのが遅くなればなるほど早起きは余計に辛くなってしまいます。

心構えとして一番大切なのは早起き出来るかなと心配になるのではなく、「明日は早起きだから睡眠不足になっても仕方ないかな」、と軽く考えれば思った以上にスムーズに睡眠に入ることができるので頭に入れておいてください。

確実に早起きするための方法

それでもそもそも起きれなかったら意味がないですよね。確実に早起きするに大事なことをお伝えしたいと思います。まず睡眠に入るためには眠気が来ないことには始まらないですよね。

眠気は睡眠ホルモンであるメラトニンによって促されます。このメラトニンを睡眠に入りたい時間に分泌されるようにコントロールすると良いでしょう。メラトニンは起床後14~16時間後に分泌されます。

早起きをする心得・早起きしようと頑張らない  精神が高ぶって眠気を飛ばしてしまう ・リラックスする  早起きだし寝不足でも仕方ないくらいの心構え ・勝負は前日から始まってる  メラトニン分泌の時間で、就寝時間を操る

そのため早起きの前の日から起きる時間を調節しておく必要があります。例えば朝5時に起きなくてはならない場合、7時間は睡眠をとりたいので22時に睡眠に入ります。22時に睡眠に入るためにはだいたいその14~16時間前には起きておきたいので朝6時~8時の間には起きておくと良いでしょう。

このようにすれば前の日は早起きの練習にもなりますし、メラトニンもちょうどいい時間に分泌されるため、スムーズに睡眠に入ることができるでしょう。すっきり早起きするためには睡眠の質も大切です。睡眠の質を上げれば、多少睡眠時間が短くても熟睡感を得ることができます。

睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、日頃から睡眠の質を高め、不意の早起きにも対応できるようにしてみるといいかもしれませんね。