肌のトラブルに悩まされてませんか?肌にはランゲルハンス細胞という免疫細胞があります。そのランゲルハンス細胞は肌トラブル解消に役立ちますので、その細胞を睡眠で活性化させて肌の状態を調えましょう。

ランゲルハンス細胞とは

肌にも免疫力があります。肌の免疫力が低下すると肌荒れなどの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。そして肌の免疫力を高めるために大切なのが、肌の司令塔と呼ばれるランゲルハンス細胞です。

ランゲルハンス細胞には肌の内部の異常を脳に伝えたり、細菌やウイルスなどの異物の侵入を察知する効果があります。ランゲルハンス細胞により、外部からの刺激に反応し肌を守ることができるわけです。

・ランゲルハンス細胞の詳しい働き

ランゲルハンス細胞には二つ重要な機能がありますのでそれぞれ紹介していきます。

ランゲルハンス細胞の働き①異物の侵入を伝達する  細菌やウィルスの侵入を  伝える働きがある ②自己防衛  鎮静化酵素によって、炎症を抑える

異物の侵入を伝達する機能

まずランゲルハンス細胞には細菌やウイルスの侵入を伝える働きがあります。肌の免疫力はランゲルハンス細胞の他に、皮膚常在菌角質バリア機能により支えられています。ランゲルハンス細胞が異物の侵入を察知すると、他の免疫機能によって異物を排除することができます。

自己防衛機能

肌に紫外線や乾燥などの刺激が加わると炎症などの肌のトラブルにが引き起こされます。しかしランゲルハンス細胞についている鎮静化酵素により、炎症を抑えることができます。ランゲルハンス細胞には主に外部からの刺激に反応し、炎症をやっつけることがわかったかと思います。外部からの刺激には細菌やウイルス、さらに花粉や、肌の天敵である紫外線なども含まれます。

ランゲルハンス細胞を活発にすることにより、肌のトラブルにも対応することができますね。ではそのランゲルハンス細胞はどのように活性化させることができるのでしょうか。

ランゲルハンス細胞は睡眠でより活発に

ランゲルハンス細胞は睡眠をしっかりとることにより活性化します。逆にいえば、ランゲルハンス細胞の活動が弱まっていれば外部からの刺激に敏感になり、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうでしょう。

ランゲルハンス細胞には睡眠が必要不可欠です。睡眠をしっかりとることにより、ランゲルハンス細胞を始めとした肌の免疫力が高まり、外部の刺激に対して絶大な効果があることでしょう。

あなたが肌トラブルを抱えているのであれば、睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、肌の免疫力を高めて肌トラブルの解消に努めていきましょう。