あなたは反復性過眠症を知っていますか?

この反復性過眠症はとにかく長い睡眠を取り続ける睡眠障害であり過眠症の一つです。周期性傾眠症ともいわれるとても珍しい睡眠障害の一つです。一般的な過眠症のイメージに近いのはこの反復性過眠症ではないでしょうか?

ちなみに過眠症は主に三種類あり、ナルコレプシー特発性過眠症と、この反復性過眠症が過眠症の主なものとされています。

反復性過眠症の症状

反復性過眠症はとにかく睡眠を取り続けます。

どれくらい睡眠をとるかというと、1日に16~18時間も睡眠をとります。昼夜問わず眠気に襲われ意識そのものが朦朧(もうろう)としてしまいます。

食事や排泄をしたり人と話すこともできますが、そのときの記憶はほとんどありません。この常に眠気に襲われる期間を傾眠期といいます。

この傾眠期は3日~3週間ほど続き、その後症状がなくなっていきます。その症状が出なく通常の睡眠に戻る期間を間欠期といいます。間欠期は数日~数ヵ月続き、その後また傾眠期に入ります。

このように周期的に傾眠期と間欠期を繰り返すため、このような名前がついているんですね。

反復性過眠症の原因

この反復性過眠症の原因は一体何なのでしょうか。実はまだ原因やメカニズムなどはわかっていません。その理由に関しては他の過眠症と比べ発症率が低いことがあります。

過眠症の反復性過眠症原因として考えられるのは 精神的ストレスと極度の睡眠不足 10代の男性に多い 自然に治癒されることが多い

ただ、いまのところ発症の原因ではないかと考えられていることがあります。それが精神的ストレス極度の睡眠不足です。

詳しくはまだわかっていないようですが、反復性過眠症に悩まされている患者はストレスと睡眠不足に悩まされていた傾向が強いようですので心当たりのある人は注意してみてください。

反復性過眠症を改善させるには

原因やメカニズムがまだ詳しくわかっていないので明確な改善方法や治療方法はまだ確立されていません。

しかし症状がでる傾眠期がくるのを予防するために有効であると考えられている方法はあります。一番有効だとされている方法は精神障害の一つである躁病(そうびょう:うつ病の逆で、気分が異常に高揚する)の治療にも使われる炭酸リチウムです。

一度傾眠期が始まってしまうと症状を止めるのは不可能ですが、くるのを予防するのが目的であれば炭酸リチウムの処方をしてもらうために医師へ相談するのが良いでしょう。

ちなみに患者は10代の男性に多く、20~30代になるにつれて生活に支障がないレベルまで自然に回復していくが多いので、それまでの期間を炭酸リチウムが含まれた薬で凌ぐのが一般的なようです。

ただし、現状ストレスや睡眠不足が原因ではないかと考えられている以上、これらの要因を取り除くのも発症前であれば効果的でしょう。睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、反復性過眠症の予防に繋げていくと良いと思います。

ちなみに反復性過眠症の亜型に眠れる森の美女症候群というものもありますので、併せて確認してみてください。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~