海外に行かれる人が近年ではとても増えていますよね。海外に行くとなると戸惑うことが多いかと思いますが、中でも時差ボケに悩まされている人は多いのではないでしょうか。今回はそんな辛い時差ボケ解消するための効果的な方法を確認してみましょう。

時差ボケってなに

まずはなぜ時差ボケが起こるのか、そして時差ボケとは具体的にどういったものなのかを見てみましょう。時差ボケとは、数時間以上もの時差がある地域に飛行機などで短時間で移動することにより起こる心身の不調のことです。

時差ボケの症状

時差ボケの主な症状・不眠や眠気 ・頭痛 ・吐き気 ・めまい ・食欲不振 ・集中力の低下 ・判断力の低下体内時計の乱れ

・不眠や眠気
・頭痛
・吐き気
・めまい
・食欲不振
・集中力や判断力の低下

上記が主な症状です。4~5時間以上の時差があると一般的にはこれらの症状が出やすくなってしまいます。症状の出方には個人差があり、まったく時差ボケにならない人もいれば、症状が数日間続く人もいます。

これらの症状が出る時差ボケですが原因は何なのでしょうか。

時差ボケは体内時計の乱れから

時差ボケは眠気が来たときに現地で朝であったり、いつもなら起きる時間に現地で夜になっていたりすることで出てしまいます。 これは体内時計が乱れることにより生じます

時差ボケは簡単にいえば体内時計と実際の時間にズレが生じてしまうことにより起こります。日本との時差が大きい場合、飛行機に乗っている時間が短いほど時差ボケは強くなるといいます。
体内時計を正常にするためには飛行機の中、出来れば2~3日前には現地時間に合わせて生活してみると時差ボケの対策になりますので機会があれば試してみてください。

時差ボケを解消するためには

時差ボケの解消には体内時計の調節が必要となります。時差ボケは一時的なものなので何も対策や改善をしなくても解消することはできますが、1時間の時差があると自然に解消するには1日かかると言われています。

14時間の時差があると14日もかかってしまいますね。留学や移住の場合であれば時間をかけても問題ないかもしれませんが、旅行で14日も時差ボケに悩まされていたらそもそも旅行を楽しめませんよね。

もし海外に行く機会があるのであればぜひとも効率よく時差ボケを解消してほしいと思います。一番簡単な時差ボケの対策としては飛行機の中で睡眠をとることです。

例えば現地時間で朝に着くのであれば到着した頃に起きれるように睡眠をとるべきです。機内食を食べるのも大切です。

食べ物により体内時計は調節されます。時差ボケのことを考え機内食は現地時間に合わせて出されますのでお腹が空いていなくてもとりあえず食べることが大切です。もし時差ボケになったとしても現地でしっかり太陽の光を浴びれば大丈夫です。

太陽は体内時計の調整に必要なものなので時差ボケは緩和されていきます。これらは日本に帰国するときも同じですのでぜひ心掛けてみましょう。

時差ボケになると体内時計が乱れ眠気がきたり不眠になるなどの睡眠不足の症状が出てしまうこともありますし、環境の変化によって満足に睡眠が取れず疲れが残ることもあります。

睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、時差ボケを始めとした体内時計の調整にも役立ててみましょう。