今は外も暖かくなってきて肌を露出する機会が増える季節になりましたね。暑いときこそ薄着をしたくなりますが同時に日焼けのことも気になりますよね。汗に負けない日焼け止めはあるものの、日焼け止めを塗ったとしても日焼けしないとは限りません。

かといって長袖を着たりするのも暑いので嫌ですよね。日焼けをしないのが一番ですが、万が一日焼けをしたとしてもまだ諦めないでください。

日焼けによるダメージは睡眠解消できます

日焼けのダメージ解消には睡眠がいい

睡眠には日中受けたあらゆるダメージから細胞を回復させる役割があります。これは日焼けのダメージにも同じことが言えます。

睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きによって肌は修復されていきますので、皮膚の再生を促し日焼けダメージの解消にも繋がるわけです。日焼けしたあとは最低でも3日間は睡眠を十分にとると良いとされています。

睡眠不足だと日焼けダメージが残る

睡眠不足になると日焼けのダメージは残ってしまいます。そもそも日焼けというのは紫外線によりつくられるメラニンという色素が肌を黒くする現象のことです。このメラニンが蓄積されてしまうと肌に残り続け、色素沈着を起こしシミをつくってしまいます

夏は楽しいことが多いからといって睡眠不足のまま過ごしていると、メラニンの影響で何年か後にはシミに悩まされてしまうでしょう。肌の代謝を促すことにより肌が生まれ変わり跡が残りづらくなっていきます。

肌の代謝を促すために必要なのは睡眠です、主に睡眠中に分泌される成長ホルモンによって肌細胞が活発になるため肌の生まれ変わりが促進されます。

睡眠不足だと日焼けのダメージは残ってしまいますので、肌の代謝を良くするためにも睡眠をしっかりとりましょう。

日焼けダメージに負けないために

日焼けダメージだけではなく、あらゆるダメージ対策に睡眠は有効です。
若いときからのメラニンの積み重ねにより将来的にシミは出来てしまいます。メラニンは肌細胞を再生させることにより肌から消えていくので、睡眠をしっかりとり成長ホルモンの分泌を促してあげるのが大切です。

成長ホルモンは睡眠に入って最初の3時間に最も活発に分泌されるため、睡眠の質を高め成長ホルモンの分泌を促し、日焼けダメージを残さないようにしていきましょう。

日焼けで赤くなってヒリヒリするときも睡眠をしっかりとると痛みの解消が早くなりますのでおすすめです。夏以外にも太陽は紫外線を出し続けているので、シミを残したくないのであれば睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、今のうちから対策していきましょう。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~