睡眠不足になると歯周病にのなりやすくなったり、悪化するというのは知っていましたか?歯周病は歯が抜けることもある恐ろしい病気です、睡眠と歯周病は一見関係なさそうですが実は大きな関係があります。

まず歯周病の症状からみていきましょう。

歯周病の症状

歯周病は成人の約8割、小中学生ですら約5割がかかっていると言われている生活習慣病の一つです。歯周病は歯茎が腫れたり出血し、最終的には歯が抜けてしまうといった症状が出ます。

この歯周病の原因は歯垢に含まれる細菌の一つである歯周病菌が、歯の根元を溶かしていくことが原因です。口の中がねばついたり、歯ブラシに血がつく、口臭が気になる場合は歯周病の可能性があります。

ではこの歯周病ですが睡眠とどう関係があるのでしょうか。

歯周病と睡眠の関係

細菌の一つである歯周病菌によって歯周病が発症してしまうことがわかりましたね。歯周病菌を含むほとんどの細菌は人間の免疫力によって、浸入を防いだりやっつけられたりします。この免疫力を引き出すのが睡眠です。

そのため、睡眠と歯周病には切っても切れない関係があります。

歯周病リスクを下げるためには

では歯周病リスクを下げるにはどうすれば良いのでしょうか。まずは歯磨きが大切でしょう。これは歯周病に限らず歯のトラブル全てに有効です。

歯磨きをすることにより、歯垢と共に歯周病菌を取り除くことができます。さらに歯茎の状態も調えることができますので健康な歯茎を保つこともできるでしょう。歯磨きのコツとしては歯と歯茎の間を優しく磨くことです。

そうすることで、歯周ポケットの中まで綺麗にすることができます。歯磨きの方法の基本ですが実はできていない人も多いので心掛けてみましょう。歯周病リスクを下げるためには歯磨き以外に睡眠も有効です。

睡眠の質を上げることで免疫力が高まります。睡眠は免疫力に直接影響を与えるので、歯周病を始めとした細菌起因の病気の予防には欠かせないでしょう。予防だけではなく改善にも役立つので、すでに歯周病だという人にも睡眠の質を上げるのは効果的でしょう。

睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、歯周病の予防と改善に繋げていくと良いでしょう。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~