誰しもが今よりもっと綺麗になりたいと思っていることと思います。美人の条件として小顔をあげる人も多く、顔の大きさは美しさを左右する条件の一つなのではないでしょうか。

女性なら誰もが憧れる小顔ですが睡眠をしっかりとることで小顔になることができます。

睡眠で小顔になるのはなぜ

簡単に言えば睡眠をとるとむくみがとれてフェイスラインがすっきりします。睡眠時の姿勢なども大切で、間違った方法で睡眠をとっていると顔の歪みやむくみにつながってしまいます。

歪みとむくみを予防するのと同時に、睡眠をしっかりとることによりむくみの解消にもつながっていきます。小顔になるといっても頭の骨格が小さくなるわけではないので気を付けてください。

むくみがとれ、歪みが矯正されることによってフェイスラインが細くなるということです。

小顔になるメカニズム

ではなぜ睡眠で歪みが矯正され、むくみが解消されるのでしょうか。まずは顔の歪みをとること、顔が歪んでいると血液やリンパが溜まるため老廃物が溜まり顔が太りやすくなってしまいます。

この歪みを解消するためには睡眠時の姿勢が大切です。姿勢は仰向けが良いでしょう。横向きやうつ伏せだと顔が圧迫されるため歪みにつながります。

腕や脚に関してもしっかり伸ばし、血液の流れは滞らないようにしましょう。
ではむくみに関してはどうでしょう。

むくみも同じく血液やリンパの流れが滞ることが原因です。水分や老廃物が溜まってしまうため顔がパンパンになりますので、睡眠時の姿勢に気を使うことが大切です。

睡眠不足だと顔が大きくなる

睡眠時の姿勢が大切だということがわかりましたが単純に睡眠をしっかりとるのも大切です。睡眠不足だと疲労やストレスが解消されずに溜まっていってしまいます。

特に疲労やストレスは自律神経も乱れますし血液の流れも滞らせてしまいます。これにより老廃物が溜まりむくみます、むくみのメカニズムについては睡眠時の姿勢が悪いのと同じですね。適切な姿勢で睡眠をとり、しっかり睡眠不足も解消することにより、むくみはとれます

昼間にむくんでしまったとしても、睡眠により横になることで通常であれば何もしなくてもむくみはとれるのです。これはよくありがちなのですが、起床後のむくみを当たり前のものと思わないでください。

質のいい睡眠はむくみを解消させます、そしてあなたを小顔にします睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのことを確認し、これからはむくみを解消し綺麗なフェイスラインを手に入れ、小顔を目指しましょう。