あなたは吃音症(きつおんしょう)を知っていますか?簡単に言えば話そうとすると言葉が詰まってしまう症状が出る疾患です。

過去には”どもり“とも言われていましたね。睡眠不足だと吃音が出てしまうという人が多いので睡眠不足と吃音の原因関係について調べてみました。

吃音症とは

まず吃音症とは何か知らない人のために詳しく説明します。吃音とは、言葉を発するときにその言葉が連続で発せられたり、一時的に言葉が詰まってしまうことです。

例えばありがとうという言葉であれば、「あ、あ、ありがとう」のように発してしまいます。この吃音症は幼児期に発症することがほとんどで大抵は時間の経過と共に治まっていきますが、この吃音をからかわれたりするとトラウマを抱えてしまい、悪化したり大人になっても吃音が出てしまうということもあります。

緊張したときだけ吃音が出てしまう人もいます。詳しい原因はまだわかっておらず、症状を緩和させることは出来るものの根本的な治療方法も確立されていないというのが吃音の特徴です。

睡眠不足で吃音症に?

吃音に悩んでいる人の多くは睡眠不足に悩まされていることがあります。これは比較的軽度の吃音症の人が多いですね。

しかし、実は睡眠不足は吃音症の直接的な原因ではありません。睡眠不足には様々な悪影響があります。ストレスの増加、疲労感、集中力や判断力の低下、気分が落ち込む、などがあげられます。

吃音の人は緊張やストレスに敏感なため、これらのことが原因となり吃音につながっているのだと考えられます。睡眠不足は直接的な原因とは言えないでしょう。

ただ緊張やストレスに対する耐性は睡眠により身に付きますので、睡眠不足の状態が続くことで緊張状態が続いてしまったり、ストレスへの耐性が弱ったりします。なので睡眠は大切だと言えるでしょう。

吃音の症状を和らげるためには睡眠が大切

詳しい原因がまだわかっていない吃音症ですが、一番の要因はストレスではないかと言われています。ストレスにより乱れた自律神経も吃音に関わっています。

ちなみに緊張すると出ることの多い吃音ですが、緊張もストレスの一つに数えられています。ストレスは、心の持ちようで影響力が変わります。緊張状態が長く続いたり、ストレスを感じ続けると心の持ちようもマイナスへ行ってしまいがちです、ストレスは気持ちの問題かもしれません、ストレスを解消することは、原因が明確ではない吃音に対しては有効というよりも予防程度にしかならないかもしれませんが、ストレスを感じることでの身体・精神への悪影響は数え切れないほどあります。

睡眠不足を解消することが健康的に生活するうえでも必ず必要になります。ストレスを感じるだけではなく、感じ方ということも大切だと認識し、質の良い睡眠もとれるよう心がけてみましょう。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~