こんにちは。睡眠管理人です。

いきなりですが夏バテの経験はありますか?

私はあります。昔は夏になるといつも食欲がなくなって体調を崩しがちででした。一時期は本当に夏が嫌いで憂鬱な気分になっていました。ですが、あることに気づいてからは夏バテもなくなり今ではすっかり夏が大好きです。

今日はそんな夏バテに負けない自律神経睡眠を考えた生活についてのお話です。

夏バテのとは?

Wikipediaより引用

——————————————————————————–
夏バテ(なつバテ)とは夏の暑さによる自律神経系の乱れに起因して現れる様々な症状。暑気中り(しょきあたり)、暑さ負け、夏負けと呼ばれることもある。本来は秋口に体調を崩した際、夏に体力が弱った影響で体調を崩したという意味であり、夏の時期で体調の悪さを表すのは誤用である。
——————————————————————————–

本来は秋口の体調不良のことを言うようですね。
しかし、現代では大体が夏の期間に体調を崩すことについて話されることが多いのでこの記事でも夏の期間の体調不良として扱います。

夏バテの原因とは?

夏バテの原因は実は2種類あります。

・暑さによる体力低下に伴い、食欲不振などの症状が現れる
・室内外の温度/湿度の急激な変化に伴う自律神経の乱れ

この2種類です。

昔は一つ目の暑さによる体力低下が主な原因でしたが、現代では自律神経の乱れのほうが増えてきています。
特に室内の冷房を強くしているとそれだけ外気温との差が大きくなるので体温調節が追い付かづに自律神経が乱れやすいのです。

現代は昔にくらべて非常に便利なのですが、それに頼りすぎるのもあまりよくないのですね。。。

二つの原因の意外な共通点とは?

夏バテには2つの原因があることをお話ししましたが、実は対処法は一緒なのです。

一つ目は体力低下により「食欲不振」→「さらなる体力低下」がおこり夏バテが起こります。
ですので、しっかりとした睡眠をとり体力を蓄えることで改善できるのです。

二つ目は自律神経の乱れが原因であり、その自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という二種類で構成されます。
夏の室内外の気温差に対応するため人間の体の中では二つの自律神経が頻繁に切り替わりなんとか体温を一定に保とうとします。
これにより自律神経が過剰に働き過ぎているのです。

ですから、しっかりと睡眠を取り自律神経を休ませることで昼間の労をねぎらう必要があります。

ただ、夏の寝苦しい時に寝ましょうというのも酷な話ですので、別の記事「部屋の室温と湿度が睡眠の質を上げる」で睡眠に最適な温度/湿度について解説していますのでこちらを参考にしてください。

また、どうしても寝苦しい時は睡眠に役立つサプリメントに頼るのも一つの方法です。
「睡眠管理人が評価した睡眠サプリランキング!より良い睡眠のために」で私が厳選したサプリメントを紹介していますので是非チェックしてみて下さい。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~