睡眠管理人です。

睡眠の質を下げる原因についてはいろいろとお話をさせてもらってきました。しかし、今回は睡眠の質を下げるのに関係しているのが、いびきであり、睡眠時の態勢です。睡眠の時には好きな態勢で寝ていると思いますが、横向きで寝るのがいびきをかかないようにさせ、さらには疲労感を感じにくくさせてくれます

今回は、疲労感の感じにくい朝を迎えるために、睡眠時の態勢を整えていびきをかきにくくすることで、睡眠の質を上げるという記事です。

横向きになると睡眠時に気道が確保でき、いびきをかきにくくなる

睡眠時にあおむけで寝るとのどの奥の舌根という舌の奥に当たる部分が、気道をふさいでしまいます。それは、重力で下に引き寄せられているので、避けようがありません。いびきを一度もかいたことがない人はおそらくいないでしょう。

誰しも舌根が気道を圧迫した経験があるということです。いびきをかくと睡眠の質が一気に下がります。そのため、いびきをかきにくい睡眠の態勢を理解してください。

そんなに神経質にならなくてもよい

最初の態勢は我慢したり、ある程度何とか保つことができると思いますが、実際睡眠中は20~30回ほど寝返りを打ちます。つまり、最初の態勢で寝ている確率なんてめちゃくちゃ低いんです。

でも、最初の態勢は右側を下にしたいわゆる右向きで寝るのが良いと思います。消化器系の働きがよくなったり、心臓への負担や重たい肝臓の内臓の動きから考えて右向きが良いといえるでしょう。

しかし、最初にも言った通り20~30回も寝返りを打てばどっちでもよくなります。しかし、睡眠の質を純粋に上げるとするなら最初の3時間が睡眠にとって一番大切な時間になります。最初の3時間のうちに右向きで睡眠をとることで、少しは足しになると考えられます。

できる限りやってみましょう。仮眠をとるときの話にはなりますが、右向きと左向きについて詳しく書いている記事もあります。

>>食後に横になるのに正しい向きがあった!食後に横になるときは右向き?左向き?

横向きでの睡眠で疲労感を感じづらくさせることも大切ですが・・・

そもそも、睡眠の質に大きく影響しているのはメラトニンです。メラトニンの分泌にはトリプトファンという必須アミノ酸(体内で作り出すことができないアミノ酸の一種)が必要です。

また、どれだけ横向きで睡眠したとしても、リラックスできていない状態では質の良い睡眠はとれません。リラックスも必要だということです。

マインドガードDXは、トリプトファンを含んでおり、さらにはリラックス成分が豊富に含まれています。横向きで寝ることも気を付けてほしいですが、マインドガードDXでそもそもの睡眠の質も上げてみましょう。

>>マインドガードDXの睡眠サプリメントの体験レビュー

>>マインドガードDX公式ホームページへ

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~