こんにちは。睡眠管理人です。

眠りたいのに眠れない。そんな時あなたはどんなことをしますか?

羊を数える人はあまりいないともいますが、ネットなどで紹介されているいろんな方法を試してみると思います。

今日は、そんな眠れない夜に何の準備もせず、呼吸だけでリラックスさせ、ただ睡眠する、熟睡できるという画期的な「4・7・8呼吸法」をご紹介します。

この呼吸法はアメリカの有名な健康指導者のアンドルー・ワイル博士が提唱している方法です。

ちなみに「フェルマーの最終定理」を解いた数学者のアンドリュー・ワイルズさんとは別人です。

それでいってみましょう!

深い呼吸か副交感神経の働きをアップ!!

人間には自律神経という常に働き体のバランスを整えている神経があります。
この自律神経には「交感神経」「副交感神経」という二種類が存在し、昼間活動するときは「交感神経」が活発に働き、夜寝るときは「副交感神経」が活発になります。

この副交感神経を活発にすることで体がリラックスして休息モードに入ってくれるのです。

その為、副交感神経の働きが強くなると眠りやすくなるのです。

この副交感神経を呼吸法だけで活発にしてしまおうというのがこの「4・7・8呼吸法です」

4・7・8呼吸法のやり方

では早速この呼吸法のやり方です。

1.まずいったん口から完全に息を吐き切る
2.口を閉じ鼻から息を吸いながら4つ数える
3.息を止めそのまま7つ数える
4.8秒かけて息を吐きだす

これを1サイクルとして4回行います。
慣れたら8回に増やしてもいいそうです!

この呼吸法のポイントは名前の通り4・7・8という数字にあります。

この数字が多すぎても少なすぎても効果が半減してしまうそうなのでこの数字をしっかり意識してやってみて下さい。
※どうしても息が続かない場合は数えるペースを少し早くしてください。
この数字のバランスが大切なので正確な秒数である必要はありません。

そしてもう一つ、息を止めるときは力まずに、力を抜いてできるだけリラックスした状態で行ってみて下さい。

なれると1分で眠くなるそうですよ!

睡眠以外にもストレスに効果あり!!!

この呼吸法は副交感神経を刺激し働きをアップさせてくれるので、鎮静剤のような効果を発揮しストレスの軽減に効果を期待できるそうです。

その為、睡眠だけでなく緊張してしまった時や、不安な時など応用できる場所は色々ありそうですね!

どうでしたか?とても簡単な方法なのでいつでもどこでも実践できますね!

今日紹介した呼吸法は心をリラックスさせて眠りやすい体の状態を作るものです。このサイトではこの呼吸法以外にも心をリラックスさせて自然な眠りを誘ってくれる方法やサプリメントを紹介していますので以下の記事も参考にて併せて実践してみて下さい。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~