こんにちは。睡眠管理人です。

全ての女性には「生理」というものがあります。
これは人間の本能である「種の保存」のための大切な生理現象です。

しかし、この生理というのは厄介で「生理痛」「イライラ」など、
とっても不快なものなのです。

男性の方にはわからないかもしれませんが本当につらいんです!!!

そして意外と知られていないもう一つの生理中の悩み。

それが「眠気」です。

生理中というのは本当に眠いんです。。。

今日はそんな生理中の眠気と戦うための方法をご紹介します。

生理中は眠い

生理中の眠気は本当につらいものです。
生理直前から生理後半は眠くて眠くて仕方ありません。
仕事中も一刻も早く眠りたい!と寝ることばかり考えてしまいます。

そして、生理中はその強烈な眠気から寝つきは良いのですが、朝起きられないんです。

私の友人たちも口をそろえて言っています。

「生理中は眠い」!

生理中の眠気の原因

生理の時期には「プロゲストロン」という女性ホルモンの分泌量が増えます。
この「プロゲストロン」というホルモンによって脳の睡眠中枢が刺激され眠くなるのです。

また、生理中は子宮あたりの細胞に血液が集中し普段より脳の血流が減り、脳の機能が低下することによって頭がぼーっとしたり眠気が引き起こされるのです。

これは、妊娠中は基本的に安静が必要であるため、その準備として休息を与える目的があるといわれています。

そんな眠気への対策

原因を見てみるとどうも体が妊娠に向けて休息を促しているようですね。

しかし、だからと言ってゆっくり休むわけにいかないのが現代人の辛い所です。

眠くても仕事はしなければならないし、休んでばかりいられません。

そこで以下の事を試してみて下さい。

下半身を温める

下半身を温めることにより女性ホルモンの分泌が正常化され生理時の症状が緩和されるそうです。

鉄分とビタミンB6をしっかりと摂る

脳の血流の低下により引き起こされるものなので鉄分を取ることにより血液が作られる造血作用がアップし体全体に十分な血流を確保できます。
またビタミンB6というのは質の良い睡眠を取るために必要なビタミンです。
夜の睡眠をしっかり取ることによって日中に活発に活動できるというわけです。
睡眠とビタミンB6については「睡眠のためのビタミン「ビタミンB6」がすごい!」をご覧ください。

生活習慣を見直す

上でも書きましたが、夜の睡眠がしっかりと摂れていれば、日中の眠気もいくらかは改善します。
ですから生活のリズムや食生活など睡眠に関する事柄を見直し普段から質の良い睡眠を心がけると良いでしょう。

いかがでしたか?
生理中の眠気は病気ではなく仕方のない事なのです。
しかし、症状を軽くすることはできますので、まずは普段の睡眠を見直して日中の活力を蓄えましょう!

そして睡眠の質を高めるために「睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から」を参考にして普段の自分の生活と比べてみて下さい。
きっと改善のヒントが見つかるはずです!!

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~