セロトニンとはあなたの体の中で動き回っている神経伝達物質です。体中であなたを助けてくれてます。セロトニンの主な役割としては「精神の安定」と「良質な睡眠」に深くかかわっています。寝つきが悪く、途中で起きてしまう方はセロトニンが不足している可能性があります。

セロトニンはどんな働きをするの?

セロトニンは、体の中で動き回っている非常に忙しい物質です。分布としては、消化器官系に90%が使われており、消化器官系の働きを調節してくれています。次に、血液中に8%含まれており、血液中での主な仕事は血管の収縮や止血です。最後にお待たせしました、2%が脳内で使われているんです。

わずか2%ですが、その2%であなたの精神が安定させられているのです。セロトニンがあるから、あなたは精神の安定を保つことができるんです。これは人間のメカニズムの一つです。

セロトニンの分泌が効率よく行われないことで起きる身体の症状は、食欲がなくなったり、寝つきが悪くなったり、日中眠くなったりします。低体温になることもあったり、免疫力なども低下します。

セロトニン

精神状態では、ボーっとしたり、集中力がなくなる、イライラする、起こりやすくなる、クヨクヨ悩むことが多くなる、ストレスが溜まりやすくなると日常生活を送る上で障害となりやすいことが起きます。あなたの寝つきが悪いことや、風邪をひきやすくなったり、イライラしたりクヨクヨ悩むようなことが極端に増えたと感じたらもしかしたらセロトニンが足りていない可能性があります。

なんでなのかわからないけど、感情のコントロールができない日って今までありませんでしたか?睡眠管理人はあります。睡眠管理人は特に情緒不安定が続きやすいんです。毎日セロトニンが足りていないと、毎日良質な睡眠をとることができずに、眠りにストレスを抱えるようになります。

社会でもストレスを抱え、そのストレスを抱えたまま次の日を迎えます。何日も続くとうつ病へと発展してしまうほど、セロトニンはあなたに必要な物質です。メラトニンの産生もセロトニンがないとできなくなるので、悪循環が続きます。あなたは、その負の連鎖を止めることができるでしょうか?

ストレスとの関係性

セロトニンストレスというのは非常に密接に関係しております。セロトニンは脳内で、メラトニンというホルモンになります。メラトニンの主な働きは睡眠導入作用と精神の安定です。

セロトニンの物質とほとんど似た働きですが、入眠導入作用というのが非常に重要なものです。セロトニンがないと眠くなることができなくなります。そのため、不眠症が起きてしまいます。

不眠症の原因としてよく挙げられているのは、ストレスです。しかし、不眠によって与えられるのも同じようにストレスです。あなたはどのように負の連鎖を止めますか?

セロトニン

セロトニンを作り出すのに必要な物質がトリプトファンという必須アミノ酸です。そのアミノ酸をとることができれば、あなたのストレスを取り除くこともできるかもしれません。さらにはストレス耐性も身に着けてしまえ一石二鳥です。

ストレスへの免疫を強化してくれるマインドガードDXの成分を見てみましょう