ストレスを感じた状態で睡眠をとると、グッスリ感が少なくなります。あなたが多くのストレスを抱えたまま眠るのはよくないかもしれません。ストレスを感じたら、トリプトファンを多く摂ること考えてみてください。

なぜストレスを感じると睡眠の質が下がるのか

ストレスを感じると交感神経が過剰に優位になり、副交感神経への切り替えがうまくいかないことが多くあります。

交感神経は、活動を行うために必要なので、朝起きるときには必要な神経です。しかし、交感神経が過剰に働いていることが問題であります。副交感神経は、ノンレム睡眠の時間を長くするために必要なものです。ノンレム睡眠の時間を伸ばすことが睡眠の質を上げる一番早い方法であり、難しいところでもあります。

あなたが、交感神経と副交感神経を切り替えるスイッチを手に持っていたらいいのですが、この2つの神経は自然と切り替わるようにできているものです。つまり、スムーズに切り替わるようにすることはできますが、あなた自身で切り替えることできません。

ストレス

自然に切り替わるようにするには

そもそも副交感神経に切り替わることはどのようなことか考えてみましょう。

副交感神経は、消化器系に働きかけ、体の修復と、心の修復を行ってくれる。睡眠にとても大切な神経です。具体的には、消化器系の消化機能を上昇させ、体の修復、心の修復をするための栄養素を多く摂り込めるようにするというのが主な働きです。

ストレス

ストレスを感じて、副交感神経がうまく機能していない場合は、この消化器系の働きが低下し、体の修復、心の修復がうまく進みません。つまり、栄養素を多く摂り込む必要があるということです。副交感神経を活発にさせるにはトリプトファンを摂ることを考えてみましょう。

トリプトファンを摂ることで、あなたのノンレム睡眠の質が格段にあがります。トリプトファンを摂ることで、セロトニンの分泌が多くなります。セロトニンは、メラトニンに必要な物質であるのと、心を穏やかにさせてくれる作用もあります。次のメラトニンが副交感神経が活発になる時に多く分泌されるものです。

そして、メラトニンが分泌されると眠気が襲ってきます。メラトニンがしっかりと分泌されることによって、心が安心し、ノンレム睡眠の時間が伸びることに繋がります。
トリプトファン、休息ハーブがたくさん含まれている睡眠サプリメントもありますので、こちらをご覧になってみてください。