あなたは朝スッキリと目覚める爽快感、熟睡間、満足感を得られるために必要な重要なポイントをご存知でしょうか?

眠ってからの3時間が睡眠の質を上げる

睡眠は90分の周期でノンレム睡眠(深い眠り)、レム睡眠(浅い眠り)」を繰り返します。その1周期目と2週期目の約180分(3時間)がノンレム睡眠(深い睡眠)ができる時間です。

ノンレム睡眠(深い眠り)の時には日中の疲れをいやし、脳を休ませることを優先させています。ノンレム睡眠は一般的に「脳の眠り」とも言われる。

筋肉の活動は休止せず、体温は少し低くなり、呼吸や脈拍は非常に穏やかになってきて血圧も下がります。

そして、22:00~2:00はお肌の調子を整えるのにとってもいい時間とされており、睡眠に入る最初の3時間の間に被るようにとることが理想的といわれています

睡眠

成長ホルモンを効率よく循環させる

睡眠

睡眠に入る最初の3時間に訪れるノンレム睡眠(深い眠り)の時に、細胞の痛んだ部分を修復してくれる「成長ホルモン」が、まるでシャワーのように分泌されます。

ノンレム睡眠をしっかりととることができるかで、心地よく目覚め脳と身体の疲れがスッキリとれるかが決まります。

成長ホルモンは成長期に最も多く分泌され、筋肉や骨、脳の細胞を増やします。これが寝る子は育つと言われている理由です。

成長ホルモンの分泌ピークは18~20歳で、30歳から急激に減り、40歳では20歳の約40%まで激減します。また、成長ホルモンは体温が急激に下がることでも分泌量が増えるといわれています。

寝ているはずなのに、疲れが取れないのは高齢化してしまっているのか、体温の調整がうまくいっていない可能性があります。成長ホルモンは睡眠が深ければ深いほど分泌量も増えますから、できるだけぐっすり眠れるように快眠を目指しましょう。

睡眠

睡眠にはメラトニンというホルモンが大きく関係しており、そのメラトニンを多く分泌させるために必要な成分を多く含んでいる睡眠サプリメントを活用し、睡眠の質を改善させてみてください。