お昼の12時近くになると時計を見なくてもなんとなくわかったり、18時ごろになればなんとなくわかるように、私たちには体内時計というものがもともと備わっています。

その体内時計は1日が24時間であるように、24~25時間でコントロールされています。日が暮れて夜になれば、徐々に体温や心拍数が下がって眠くなります。

そして、睡眠には成長ホルモンをはじめ、さまざまなホルモンが分泌されるようにできているのです。

体内時計は日光を浴びることで調整ができるが、太陽の光を浴びないともともとある誤差で、徐々にずれていってしまう。ある実験によると、外から全く光が入らない地下室で人の体内時計の周期を調べたところ、平均24時間10分という結果が出たのです。

このように、体内時計を正確に保つためには日光を浴びることが必要不可欠ということである。体内時計がずれることで、あなたの生活リズムが崩れる

睡眠サイクルは体内時計

 

眠気を誘うホルモンと目覚めの物質の分泌リズム

そう。眠気を誘うことはホルモンが行っています。夜が来ると眠気を誘うホルモン「メラトニン」が分泌されます。これは自然に身についていることで、何か特別なことをしているわけではありません。

しかし、このリズムがくるってしまっているあなたは、朝日を浴びることにしてみましょう。決まった時間に日光浴をするだけであなたの不眠は解消される可能性があります。成長ホルモンをしっかりと分泌して、あなたの生活を立て直す必要があります。

さらに、セロトニンという目覚めの物質も大きなかかわりをしています。セロトニンは光を浴びることで分泌されます

光を浴びてセロトニンが活発になってから約14~16時間後に体内時計の指令によってメラトニンが再び分泌されます。セロトニンの働きで日中は集中することや、やる気が出ないということがなく生活できるのに加え、セロトニンがメラトニンへと変化し規則正しい生活を送ることができます。


安心して、快適な生活を手に入れるには、しっかりとセロトニンの分泌に必要な栄養をとることも大切です。睡眠サプリメントで栄養を補い、生活のリズムを見直すことも必要だと思います。