近年急増しているアルツハイマー病アルツハイマーとは認知症の一つであり、脳にアミロイドβタンパク質と言われる老廃物が溜まり、脳神経細胞を死滅させてしまいます。このアルツハイマー病には、現在明確な治療方法はなく、高齢化に伴い患者数が急増しています。

アルツハイマーは高齢者のかかる病気とされており、脳に老人斑という斑点が出てきます。これはアミロイドβタンパク質が沈着したことにより、できると考えられています。

では、なぜアミロイドβタンパク質が沈着してしまうのでしょうか。通常、アミロイドβタンパク質があったとしても、睡眠中に脳の中から排出される仕組みとなっています。

しかし、睡眠の質が悪いとアミロイドβタンパク質は排出されません。また、アミロイドβタンパク質が多くあると、睡眠の質が悪くなるということもわかってきました。つまり、睡眠の質が悪いとアミロイドβタンパク質が溜まる。そして、アミロイドβタンパク質が溜まると、睡眠の質が悪くなるというマイナスの相乗効果があります。

アルツハイマー発症者が10年で14倍増加!昼寝でリスクを20%減少させる

また、女性の方が男性よりも2倍アルツハイマーの発症率が高いこともわかってきました。

女性の方が2倍かかるアルツハイマーの予防策は

女性は、閉経があります。閉経により、女性ホルモンの分泌が減少してしまいます。
女性ホルモンの分泌が減少してしまうと、脳神経細胞の増殖や修復、脳の血流を増加させる作用が減少してしまいます。そのため、老廃物が溜まりやすくなってしまいます
また、平均年齢で見ても男性よりも圧倒的に長生きの女性は発症の確率が上昇します。

アルツハイマー発症者が10年で14倍増加!昼寝でリスクを20%減少させる

しかし、アルツハイマー昼寝で改善することができるかもしれません。短時間の昼寝は、精神的にも肉体的にもストレスを和らげる効果があるため、神経の興奮を抑える役目があり、夜のメインである睡眠にスムーズに入ることができます。
夜のメインである睡眠の質が上がることで、アルツハイマーの原因となる物質アミロイドβタンパク質が効率よく排出されるようになります。

昼寝は、専業主婦であれば取り入れることができますよね?
昼寝で、アルツハイマーの予防をしてみてください。

しかし、お仕事をされている主婦は増加しているので、お昼寝が簡単にできない主婦の方も増えていると思います。そんな時は、睡眠の質を上げる方法を睡眠サプリメントに切り替えてください。
睡眠サプリメントで、あなたの睡眠の質を上げてみましょう。

まとめ

アルツハイマーは、年々増加傾向にあり、いまだ明確な治療方法が見つかっていません。
アルツハイマーの大きな原因としては、老廃物(アミロイドβタンパク質)が溜まってしまうことにあり、脳神経細胞が死滅することによって発症します。

老廃物(アミロイドβタンパク質)は、睡眠中に排出されるため、睡眠の質を上げることで、アルツハイマーの予防を行うことができます。
しかし、老廃物(アミロイドβタンパク質)が溜まることで、睡眠の質は悪くなり、睡眠の質が悪くなると老廃物(アミロイドβタンパク質)が排出されにくくなってしまいます

短時間のお昼寝は、精神的にも肉体的にもストレスを和らげる効果があり、神経の興奮を抑えることで夜のメインである睡眠をスムーズにします。睡眠の質を上げて、老廃物(アミロイドβタンパク質)を効率よく排出するようにしましょう。

しかし、お昼寝ができない場合は、睡眠サプリメントを取り入れて栄養素で睡眠の質を上げるという方法もあります。あなたは、お昼寝と睡眠サプリメントどちらで、アルツハイマー予防を行いますか?