近年、子ども睡眠時間が足りていないと言われているのはご存知でしょうか?

これはどの年代の子どもでも言われていることです。なぜ最近になって子ども睡眠時間が問題視されてきたのでしょうか。

子どもの睡眠不足の実態

現代社会が24時間化した影響により夜型生活をする人たちが増えてきました。これは大人だけでなく子どもにも言えることです。
子どもの睡眠時間は先進国の中でも日本は最低水準です。最近の調査では1歳6ヶ月、2歳、3歳の子どもですら過半数が夜10時以降に寝ているというのです。睡眠管理人の子どもの頃は遅くても夜9時には寝なさいと言われていたのでびっくりです。

子どもの睡眠不足の要因の1つに親の生活リズムに合わせて睡眠をとるというのが問題になっております。
そもそも大人と子どもでは必要な睡眠時間に違いがあります。

子どもと大人の必要睡眠時間

年齢必要睡眠時間
1~3歳12~14時間
4~6歳10~13時間
6~12歳10~11時間
13~18歳8~9時間
成人~高齢者7~9時間

個人差はありますがだいたい上記表の睡眠時間が必要だとされています。この表を見てわかるように大人と子どもの必要睡眠時間は数時間単位で違うことがわかるかと思います。しかし現状ほとんどの子ども達はこの必要睡眠時間をとれていないという実態があります。

では子どもの睡眠不足はどのような影響を及ぼすのでしょうか、次で確認してみましょう。

子どもの睡眠不足はこんなに多くの悪影響があった!

子どもには十分な睡眠時間を与えてあげないと成長の妨げになってしまいます。まず子どもの夜更かし、幼稚園や保育園、小学校などの学校には行かなければならないため夜更かししてても朝は早起きしなければなりません。

それによって慢性的な睡眠不足になってしまいます。それによって小さな子どもの場合はすぐに癇癪を起こしてしまう、集中力や注意力がない、疲れやすい、常にボーっとしてしまうなどの傾向が出てきます。

このまま学童期に入ると問題行動が増えたり学力の低下にも繋がってしまいます。さらに睡眠不足だと基礎代謝が低下し太りやすくなる傾向にもあります。近年では肥満の子どもが増えていると言われているのですがこれも睡眠不足による影響が大きいのではないかと考えられています。

次に睡眠不足の悪影響として考えられるのは成長ホルモンの分泌が悪くなるということです。寝る子は育つと昔から言われているのは睡眠中の成長ホルモンに関係しています。睡眠時間が足りていないことにより子どもの心や体の発育、勉強や運動神経にも悪影響が出てしまいます。

ではこれらの睡眠はどのようにして改善していきましょうか。

子どもにも質の良い睡眠が大切

子どもの睡眠不足には、大人以上に様々な影響が出ていることがこれまででわかっていただけたかと思います。
ではどのようにして睡眠不足を解消していけば良いのでしょうか。

まずは適切な睡眠時間をとらせてあげることが大切です。これには朝起きる時間から逆算して睡眠に入る時間を考えてあげることが大切です。例えば5歳の子で12時間寝ると仮定します。

夜9時に寝て朝7時に起きるとまず10時間、その他にお昼寝でも睡眠時間は補えるので2時間のお昼寝をします。
そうすれば12時間の睡眠を確保出来るかと思います。

しかし現状は夜10時以降に睡眠に入る子どもが多く、急に睡眠時間を早めるとなると寝つきも悪くなり結局いつも通りの睡眠時間になっては意味がありません。そんなときは絵本の読み聞かせでスムーズな入眠に入ることが出来るので試してみてはいかがでしょうか?ちなみに睡眠障害の子どもも近年では増えています。

ですが睡眠導入剤を子どもに飲ませるなんて抵抗があって出来ないと思うんですよね。
それに副作用も怖いですし。ですが、そんなときはスムーズな入眠を手助けし、睡眠の質もあげるために、子供でも副作用なく飲める睡眠サプリメントのマインドガードDXがありますのでそちらを試してみるのも効果的かもしれません。