質のいい睡眠は痩せ体質をつくりダイエットにも効果的なのはご存知でしょうか。

いつもの睡眠で痩せられるなんて魅力的ですよね。

今回はダイエット効果の高い睡眠のとりかたを書いていきたいと思います。

睡眠でなぜダイエットができるのか

人間の身体は睡眠中にも臓器は働いているため、睡眠時にもカロリーを消費するようにできています。

特に浅い眠りのレム睡眠中はよりカロリー消費が顕著になります。

さらにレム睡眠のときは起きているときよりもカロリーが消費されます。

睡眠時には筋肉をつくる成長ホルモンや体脂肪を分解するコルチゾールといった痩せホルモンが多く分泌されます。

これらのホルモンの働きによって体が痩せ体質に変わっていくんですね。

これだけで睡眠には痩せる効果がいくつもあることがわかります。

それでは逆に睡眠不足だとどうなるのでしょうか?

睡眠不足がもたらすダイエットへの影響もここで確認しておきましょう。

睡眠不足はダイエットの天敵

睡眠不足はダイエットに多くの悪い効果をもたらします。

まず睡眠不足だと食欲をコントロールするホルモンが乱れてしまいます。

食欲を増加させるグレリンというホルモンが増加し、食欲を抑えるレプチンといえホルモンが減ってしまいます。

これにより空腹感が増し食欲に歯止めが効かなくなってしまう。さらにグレリンは炭水化物や糖分を求める傾向にあるため高カロリーのものばかり摂ろうとしてしまいます。

食べ過ぎなきゃいいんでしょ?と思うかもしれませんが睡眠不足がもたらす影響はこれだけではありません。

睡眠不足だと生命の危機だと脳が異常を察し脂肪を蓄えようとします。

このことにより余分にカロリーを取り入れたり、消費するはずのカロリーさえ節約しようとして十分にカロリーが消費できなくなってしまいます。

さらに睡眠不足だと基礎代謝まで下がってしまいます。

人間の体は脂肪を取り入れ筋肉からエネルギーを消費するようにできているのですが、睡眠不足だと筋肉量が少なくなることがわかっています。

筋肉量が少なくなることによって基礎代謝が下がりカロリーを消費しにくい体にしてしまうんですね。

他にも、太りやすいと言われている夜に食欲がわき夜食を食べてしまうというのもあります。

睡眠中も胃腸は活動しているのですが消化を続けるため睡眠が浅くなりがち、胃ももたれやすくなります。

さらに睡眠中は血糖値高まるのですが、血糖値が高いと肝臓で脂肪にかわり、脂肪を溜めやすくなってしまいます。

それに寝る前に食べると朝お腹が重くてつい朝食を抜いてしまい食生活が乱れさらに太ります!

睡眠不足によるダイエットへの悪影響はざっとあげただけでもこんなにあるのです!

ではどんな睡眠方法で痩せることができるのでしょうか。

睡眠ダイエットの方法

近年では睡眠ダイエットというものがありますが聞いたことはありますか?

1日7時間半~8時間の睡眠を取るだけで痩せるという研究データもあるんですね。

正しい睡眠をとれば約300~500キロカロリーも睡眠中に消費することができるのです!

では具体的にどういう睡眠をとればダイエットに効果的なのでしょうか。

ダイエット効果を高める睡眠をとるには痩せホルモンである成長ホルモンの分泌を促すこと、それに睡眠の質を高めることがカギとなります。

成長ホルモンは睡眠に入った後3時間でピークになります、この時間は特に大事ですので最初の3時間に、より質の高い睡眠をとる必要があります。さらに成長ホルモンの分泌が高まるのは午前3時と言われていますのでこの時間にはすでに熟睡しているようにしましょう。

睡眠時間としてはやはり最低7時間は寝るようにしましょう。

ではダイエットのために睡眠の質を高めるにはどうしたらいいのか。

特におすすめしたい3つの方法を伝授します。

①寝る前に大さじ1杯のはちみつを摂る

前提がダイエットなので食事を少なめにとることもあるかと思います。

お腹を空かせた状態だと寝付きも悪くなってしまいますよね。

そんなときに寝る1時間前に大さじ1杯のはちみつを食べましょう

そうすることで空腹感も抑えられますし、適度な糖分を肝臓に蓄えることにより成長ホルモンの分泌を促すこともできます。

②睡眠前に軽いストレッチをする

ストレッチには筋肉を柔らかくし血行を促進させ代謝をあげる効果があります。

それに体内の脂肪を燃焼させ筋肉に変えるので体が段々引き締まっていくのでおすすめです。

このストレッチによりスムーズに睡眠に入ることができます。

さらに起床後に軽いストレッチを取り入れると目覚めもよくなる効果があるのでおすすめです。

バランスボールを使うとストレッチの効果を簡単にあげられるのでそれもおすすめです。

③朝食をとる

朝食は睡眠の質をあげるのにとても重要な役割があります。
朝食をとることによって体内時計がリセットされますので睡眠に入るのにちょうどいいくらいの時間で眠気がきます。

それにダイエット中でも朝食を抜いたりすると脂肪を余計に蓄えようとしてしまうのでしっかり1日3食食べた方がいいです。

それにメラトニンという睡眠ホルモンにより睡眠の質が高まるのですがこのメラトニンはセロトニンからつくられます。

そのセロトニンを増やすには必須アミノ酸であるトリプトファンが重要になっています。トリプトファンは肉や魚、米やパンに多く含まれているので朝食によりこれらを食べてみるといいと思います。

トリプトファンは睡眠サプリメントからも摂ることができるのでそちらで補ってみるのもいいかもしれません。