睡眠不足解消するために寝酒をしてみよう!あなたは、そんな無謀なことをしてませんか?

最近の日本はストレス化社会の進行により、寝酒をする人が増加しているとのことです。せっかくこのページを見て頂いたのですから、寝酒はしないようにしてくださいね。

寝酒が好きな日本人

私たち日本人は、不眠症の対処法でお酒を飲むを一番実践してしまう国です。
面白いデータがあります。日本とアメリカ、フランスで不眠症症状の対処法をご紹介します。

 

・日本 ①寝酒をする 20% ②医師から処方された睡眠薬を飲む 14% ③特に何もしない 13% ・アメリカ ①市販の睡眠改善薬・催眠鎮静薬を飲む 26% ②医師から処方された睡眠薬を飲む 19% ③医師の診断を受ける 18% ・フランス ①市販の睡眠改善薬・催眠鎮静薬を飲む 20% ②医師の診断を受ける 19% ③医師から処方された睡眠薬を飲む 16%

アルコールに頼っているのは、日本なのです。意外だと思いませんか?アルコール中毒で悩んでいるのが多いのはアメリカだと思いませんでしたか?外国の方が寝酒をする人が多いように感じませんでしたか?

まさか日本以外の2か国で不眠症の解消として、ランクインしていないなんて思わなかったのではないでしょうか?しかし、そこだけではなく、日本の③にも注目して頂きたいと思います。

特に何もしない・・・日本人らしいというか、黙ってこらえる。私は日本人らしいと思いました。こういうところで日本人らしさがでるのも面白いとは思うんですが、黙ってこらえても睡眠の質は向上しません。

だから寝酒をするんだけど、つまり寝酒の何がいけないの?

少量のアルコールであれば確かに睡眠の質を向上させることに役立ちます。でも、その時間は約3~4時間しか続きません。催眠作用があるからです。あなたの活動的な脳は少しお休みの状態に近づきます。それは、神経伝達物質の働きを抑えるという作用をアルコールが持っているからです。

適正量は体重60㎏であれば、アルコール度数15%を60cc飲めばいいんです。
想像していた量はどの程度でしょうか?寝酒に適しているのはビール1杯とかでしょうか?

寝酒

まだまだある寝酒を止めたほうがいい理由

・良質な睡眠も4時間が限度

・アルコールには耐性があり、適正量では足りなくなる

寝酒をすることにより、入眠はスムーズになります。しかし、アルコールの中にエタノールという成分があり、そのエタノールという成分は体の中でアルデヒドに変化します。その時間が約3~4時間といわれています。アルデヒドは体にとって害なもので、排出するために心拍が上がり、体温を上昇させます。

そうなると、脳が徐々に覚醒してきます。アルコールを摂取したあとに、トイレに行きたくなりませんか?理由はこのアルデヒドです。つまり、あなたは自分で自分の睡眠の質を下げていることに気づいていないのです。

その場しのぎの対処法ではあなたの睡眠の質は下がる一方で上がることはありません。

 

寝酒ではなく、今後あなたがしなくてはいけないこと

アルコールに頼らずにスムーズに睡眠に入るにはどうすれば良いの?そう思ってしまいますよね?睡眠の質を上げる9つの方法で、睡眠の質を上げる方法を紹介しています。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~