みなさんも長生きしたいと思いますよね?実は質の良い睡眠が長生きの秘訣になることはご存知でしょうか?寿命を延ばすための睡眠の取り方や睡眠時間を知り、ぜひ長生きしてみたいものですね。

睡眠と寿命にはどんな関係があるのか

睡眠、特に睡眠時間と寿命にはどんな関係があるのか、実は明確な因果関係はまだわかっていません。しかし、適切な睡眠時間をとっている人の方が寿命が長いという研究結果もありますので何かしらの関係性はあるのだろうということが言えるかと思います。

まずは睡眠時間が適切でないとき、寿命にはどのような影響があるのかをお伝えしたいと思います。

適切でない睡眠時間がもたらす寿命への悪影響とは

では睡眠時間が短いときの悪影響から見ていきましょう。まず短時間睡眠が続くと免疫力の低下やストレスが溜まりやすくなってしまいます。そもそも睡眠には脳や体の修復、ストレス解消、免疫力増強などの役割があります

睡眠時間が十分でないとこれらが満足に行われなくなりますので体に良いわけがありません。さらに睡眠不足だと肥満や糖尿病、高血圧のリスクも高まります。精神疾患の発症リスクも3倍以上になってしまうというデータまであります。精神疾患の中でも特にうつ病に関しては、学生時代に過度な睡眠不足を経験した人ほど発症リスクが高くなることがわかっています。

・免疫力の低下 ・ストレスが溜まりやすくなる ・生活習慣病のリスクが高まる ・精神疾患の発症リスクは3倍

更に最近ではブラック会社というワードでも話題になっている長時間労働がありますね、これにより睡眠不足が続き結果的に過労死に繋がってしまうという最悪のパターンもあります。

過労死の主な原因は睡眠不足と言われています。過労によるストレスで睡眠障害を引き起こす場合もありますので過労で悩んでいる場合は医療機関への受診や身近な人へ相談するなどしてぜひ対策をしましょう。中には短時間睡眠でも問題ないショートスリーパーと呼ばれる方々もいるので一概には言えませんが睡眠不足が及ぼす悪影響は大きいです。

これらの症状により徐々に寿命が削られていってしまうんですね。睡眠時間が短いと寿命に対する悪影響が多いことがわかっていただけたかと思います。では逆に睡眠時間を余計にとった場合はどうなるのか。

実は睡眠時間が長過ぎるのも寿命に対してはよくないみたいなんですね。長時間睡眠が続くと交感神経が不安定になりやすく心臓や血管に負担がかかり心疾患のリスクがあがるため寿命が縮むんです。なので長すぎず短すぎず、適切な睡眠時間をとることが大切です。

長生きするためにはどのくらい睡眠をとればいいのか

結局最も寿命が長い睡眠時間は何時間なのでしょうか?ある研究データによると6時間半~7時間半の睡眠時間が最も死亡率が低い。つまり長生きできるという結果が出ています。個人差もありますので全ての人がこの睡眠時間を満たせばいいというわけではありません。あくまで全体の平均と研究した上での結果ということです。

しかし全ての人に共通する長生きのための睡眠基準もあります、それは睡眠の質を高めることです。睡眠の質を高めればそれだけ脳や体の修復や回復の割合もより濃いものとなります。質の良い睡眠によって長生きしたい方や、睡眠に悩みを抱えている方はこちらの睡眠サプリメントで睡眠の質を高めるのがおすすめです。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~