眠たいとき睡眠不足のときによく出るあくび。人が大事な話をしているときにあくびが出てしまったら失礼ですしこちらも困りますよね。

あくびがあまりにも多いと社会的信用に関わります。なのでそのあくびを解消する方法をいくつかご紹介したいと思います。

そもそもあくびはなぜ出るの?

あくびが出る原因はいくつかあります。代表的なものとしては、眠気がきたとき、退屈だと感じたときによく出ますよね。これは脳に酸素を取り入れ脳の働きを活発にするためにあくびが出るのです。あくびによって顔の筋肉が伸びて脳が刺激されるため気を張り詰める効果もあります。

他にあくびの原因としては脳の温度調節をするとき、これは意外ですが緊張したときにも、あくびはよく出るんですね。
脳は温まりやすいので冷たい血液を脳に送り込み温度調節をします。緊張したときは、あくびにより緊張を緩和しリラックスできる効果があります。

あくびはだらしないと思われがちですが、まだ謎が多い生理現象でもあります。ただあくびは脳に対して重要な役割も多く持っていたのですね。ちなみにこれら以外にもあくびが出るときがあります。あくびには大きく分けて2種類あります。最初に説明した普通のあくびと生あくびと呼ばれるものです。

普通のあくびに関しては良い役割を持っているのですが、生あくびに関しては簡単にいえば悪いあくびと言えるでしょう。ではこの生あくびについても詳しく説明していきます。

生あくびは普通のあくびとどう違うの?

生あくびとは眠気とは関係なく、脳や体が生命の危機を感じたときに出るあくびのことです。生あくびの主な原因は疲労やストレスだと考えられています。この生あくび、場合によっては大変なものでして、偏頭痛や貧血、怖いものだと心筋梗塞や脳梗塞などの病気の症状の1つとして出ることもあるんですね。

うつ病の症状としても出ることがあります。あくびに悩まされている方で多くのストレスを抱えていたり、頭痛や吐き気などの症状が出ている場合は要注意です。もしこれらの病気に心当たりがあるのであれば病院での受診をおすすめします。あくびに関しては様々な原因がありましたがやはり大事な時には出ないでほしいものですよね。あくびに悩んでいる方へは、あくびがなるべく出ないような方法をお伝えしたいと思います。

大事なときのあくびはどうやって防げば良いのか

あくびの原因と役割は色々お伝え出来たかと思います、あくびを防ぐにはまず原因の根本から改善していく必要があります

 

>>睡眠の質を上げる方法