糖尿病は一般的には遺伝的要因や食生活の乱れなどが原因だと思われていますが、実は糖尿病の大きな原因の1つに睡眠不足があるのはご存知でしょうか。

睡眠不足だったり睡眠に悩みを抱えている方は糖尿病のリスクが上がるという研究結果も出ています。
糖尿病は一度なってしまうと一生治療を続けていかないといけません。
そこで糖尿病のリスクを下げるための良質な睡眠の取り方をご紹介します。

睡眠不足と糖尿病の関係とは

そもそもなぜ睡眠不足だと糖尿病のリスクがあがるのか。
糖尿病は簡単に言うと血糖(血液中のブドウ糖)が過剰になり全身の血管や神経に悪影響を及ぼす病気です。睡眠不足だと血糖値を下げるインスリンの分泌がすくなったり、インスリンの効果が悪くなってしまうので糖尿病になりやすくなってしまうんですね。

さらに睡眠不足だと食欲が増すグレリンというホルモンの分泌も増えるため、糖尿病の原因の1つである肥満にもなりやすくなってしまいます。

睡眠不足の影響で日中に眠気が増えると動きたくなくなりますよね?睡眠不足になると運動不足にもなりやすくなってしまいます。この運動不足も糖尿病の原因の1つとされていますので注意が必要です。

ちなみに睡眠不足などの睡眠に対するトラブルを抱えている人はそうでない人に比べて糖尿病リスクは5倍も多いという研究結果もあります。

睡眠不足が糖尿病の原因になることはわかってもらえたと思いますが、逆にすでに糖尿病の場合でも、睡眠不足などを引き起こしやすくもなってしまいます。

糖尿病が引き起こす睡眠不足

糖尿病により血糖のコントロールが悪くなると深い睡眠が妨げられ睡眠の質が低下するという報告があります。

糖尿病の人はそうでない人に比べ、約2倍も不眠を訴えていることがわかりました。脳を休めるという深い睡眠状態であるノンレム睡眠の割合も短くなってしまいますので十分な休息ができず睡眠不足に悩まされてしまうのですね。

睡眠と糖尿病は密接に関係しているのでどちらに対しても治療や改善が必要になっています。

糖尿病リスクを下げるための睡眠

睡眠に関してはただ長く睡眠をとれば良いというわけではありません、睡眠には質が大切です。
良質な睡眠をとっていれば血糖をコントロールするインスリンが正常に分泌されるので血糖値を下げてくれます。

さらにインスリンには細胞が栄養を取り込む効果もあるので細胞の機能も活発になります。
睡眠や食生活などを改善し規則正しい生活を送るように心がければ糖尿病のリスクは下がっていきます。

睡眠により糖尿病リスクを下げるには睡眠不足を解消することがまず大切になります。
睡眠不足の他に糖尿病の要因となるのは食生活や運動不足などがあります。

食事は栄養が偏らないようにしっかり1日3食とりましょう。食事の時間をいつも一定にして生活リズムを整えるのも大切です。
運動不足に関しては睡眠に入る3時間前までに適度な運動をすると良いでしょう。

食事に関しても運動に関してもこれらのことを守っていけば糖尿病のリスクも下がると同時に睡眠の質もあげることができます。
睡眠の質に関して言えば、天然成分で安心して飲めて、豊富な栄養素も入っているこちらのマインドガードDX

でも睡眠の質を高めることができるのでおすすめです。

すでに糖尿病患者の方が睡眠の悩みを解消したい場合にもおすすめできるのが上記の方法ですが、マインドガードDXに関しては医師に相談してからの服用をおすすめします。