カフェイン副作用はさまざまあります。しかし、有効なものでもあるカフェインについては、副作用をしっかりと理解し、リスク管理を行いながら使うべき時で使うと効果は飛躍的に伸びる

最初に副作用について

①胃腸や内臓を弱らせてしまう
②自律神経を狂わせ、肩こり、腰痛、頭痛などの症状を悪化させてしまう
③交感神経を優位になりすぎてしまい、睡眠不足となりやすくなってしまう
④体力、免疫力、疲労回復の低下
⑤睡眠不足を助長し、短期的な記憶に終わってしまう可能性が高まる
⑥中毒性があり、負の連鎖を繰り返しやすくさせてしまう

①胃腸や内臓を弱らせてしまう ②自律神経を狂わせ、肩こり、腰痛、頭痛などの症状を悪化させてしまう ③交感神経を優位になりすぎてしまい、睡眠不足となりやすくなってしまう ④体力、免疫力、疲労回復の低下 ⑤睡眠不足を助長し、短期的な記憶に終わってしまう可能性が高まる ⑥中毒性があり、負の連鎖を繰り返しやすくさせてしまう

カフェイン副作用は、交感神経が優位になることで起きる副作用が多いです。つまり、副作用自体はいいことが起きている分、悪いことも反動で起きてますよというもの。

副作用はさまざまあるが、一番注目しなくてはいけないのは中毒性

中毒性があるということは、副作用も継続してしまいます。
どの効果も長期的に摂取しなければ一時的なものとなり、そこまで気にしなくてもよいものです。
しかし、中毒性があることによって、影響力がグンと高くなってしまいます

中毒性があるカフェインに頼るよりも睡眠の質を上げてください

睡眠の質を上げることで、セロトニンが分泌されます。これは覚せいを促す作用が多くあり、睡眠をとることでカフェインを摂取しなくても身体は覚せい状態を維持できるということを忘れないでほしいです。

そもそも、カフェインをとる大きな理由としては、睡眠不足によってカフェインを摂らなくてはいけない状態へとつながります。

睡眠の質を改善することで、カフェインを摂ること自体しなくてよくなる可能性が高まります。

睡眠の質を高めるという方法を取り入れることであなたがカフェインを摂る必要を根こそぎなくすことができます。

>>睡眠の質を上げる9つのこと