自律神経失調症にかかる人の多くは睡眠不足です。それは、睡眠のコントロール自体が自律神経を中心に行われており、自動で睡眠モードに切り替わらないことが問題になることが多いからです。

自律神経失調症と睡眠の関係性

自律神経は交感神経と副交感神経の二つのことを指します。
つまり自律神経失調症とは、自動でリズムを刻む神経が調和を失ってしまったということです。

なぜ睡眠と関わっているのかというと、睡眠は副交感神経を優位にしなくては本来の疲労回復や消化器系の働きを活発にさせる効果が薄れてしまいますが、自律神経失調症だとその切り替えがうまくいかないことが多いことから、睡眠不足になってる人が多いです。

つまり、逆も言えるということです。
睡眠の質が悪いとメラトニンという睡眠ホルモンの分泌量が減ってしまいます。睡眠ホルモンの分泌が減ると、消化器系の働きが弱ります。

自律神経失調症は睡眠不足が原因の可能性が高い

消化器系の働きが弱ると、副交感神経に切り替わらなくてはいけない時間帯に切り替わりづらくなります。これが続くと、調和を失ってしまうということです。

交感神経が優位に働いている方が多い

もう一つ知っておいてほしいことは、交感神経が優位に働いている人が多いということです。

交感神経は活動的な神経で、すぐに動けるように備えたり、危険を探知する能力を上げます。しかし、その一方ではストレスや不安を感じやすく、緊張状態が続いています。

これについても、ストレスや不安を感じると交感神経が優位に立ち、緊張状態を作り出してしまいます。

自律神経失調症は睡眠不足が原因の可能性が高い

そして、現在の環境では非常に多くのストレスを抱えることになります。
そのため、私たちは交感神経が優位の状態が非常に長く続いてしまいます。

交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかない

交感神経の刺激を多量に受けてしまった身体はなかなかリラックス状態に戻ることができません。

そのため、リラックス状態を作ることが睡眠に入ることにおいて非常に大切です。

あなたなりの切り替え方法を考えて副交感神経を優位にし、睡眠の質を上げることで、自律神経失調症を予防することができる可能性が非常に高まります。

最初にも話した通り、自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていない状態を指しています。そして、たいていの人は交感神経が優位に働きすぎています。

副交感神経を優位にする方法は、睡眠の質を改善する9つの方法の方で確認してみてください。

自律神経失調症は、非常につらい病気の一つです。あなたのバランスが崩れるほどの負荷を解消することができれば非常に素晴らしい効果が得られますので、兆候が見えましたら、すぐに病院へ行ってみることをお勧めします。

また、睡眠に悩んでいるようであれば、先ほどの睡眠の質を改善する9つの方法で確認してください。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~