近年腸活が話題になっていますね。そもそも腸活とは運動や食事によって腸の活動を活発にすることです。腸の活動を活発にすることにより睡眠不足にどれ程効果的なのかをお伝えします。

腸の活動と睡眠の関係

腸活と聞くと第一に便秘解消が頭に浮かぶかと思いますが実は睡眠不足にも効果的なことがわかっています。腸の調子がよくなると代謝が良くなり、血液循環もよくなるので疲れの解消にもよくなります。睡眠によっても身体は回復していくので腸からも回復できるとなると、相乗効果で睡眠の効果が上がることがわかるかと思います。

腸の状態が悪いと一般的には便秘や下痢を引き起こしてしまいますが、特に便秘に関しては睡眠不足と互いに悪影響を及ぼしてしまいます。睡眠不足と便秘の関係についてはこちらの記事で詳しく確認してみてください。他にも腸の活動が活発になることにより睡眠の質を高める睡眠ホルモンに対して大きな影響をもたらします。

腸内環境と睡眠ホルモンの関係

睡眠にはメラトニンという睡眠ホルモンが重要な役割を果たしています。メラトニンの効果により、眠気を感じたり、細胞の新陳代謝を促したりもします。そのメラトニンを生成するセロトニンという物質がありますが、セロトニンの90%以上は腸内で作られます。

腸を強くすることにより不眠症の改善につながることもあるのですがこれはセロトニンによるものです。セロトニンがメラトニンの材料となりますので、セロトニン分泌が増えれば必然的に睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が多くなります。逆に腸内環境が悪くセロトニンの分泌が少なくなってしまえば、その分メラトニンの分泌も少なくなってしまいますので寝付きの悪さや睡眠の質の低下にも繋がっていきます。

さらにセロトニンの分泌が少なくなると精神が安定しなくなり精神疾患の原因にもなってしまいます。セロトニンが足りないことによる睡眠不足やうつ病などは腸を強くすることにより防げることがあります。腸内環境を整えることにより、セロトニンの分泌を増やし、セロトニンがメラトニンに変わることにより、良質な睡眠をとることができます。

そのため腸内環境と睡眠は切っても切れない関係だと言うことがわかるかと思います。

腸内環境を活発にし、睡眠不足を解消する

腸内環境は善玉菌により活性化させることができるのですがそのなかでも有名なのはやはり乳酸菌ですよね。セロトニンの内の90%以上の生産量を誇るのが腸です、腸内環境を整えると直接睡眠の質の向上に繋がります。しかし食事だけで乳酸菌を十分にとるのは大変ですし、乳酸菌は胃酸や胆汁でほとんどが死滅してしまいます。

そこでおすすめしたいのが乳酸菌より優れた効果のある乳酸菌生産物質です。乳酸菌生産物質は胃酸や胆汁にやられずに直接腸に届きます。この乳酸菌生産物質が含まれたデイリーシャントであなたも腸を活性化させ睡眠の質を向上させてみてはいかがでしょうか。

乳酸菌生産物質についても詳しく書いてあるのでぜひ見てみてください。