自律神経失調症は睡眠をとることで、予防することができます。それだけで解決するわけではありませんが、身体の不調程度であれば問題を軽くすることはできます。しかし、睡眠に問題を抱えた方が多くおり、睡眠が軽視されていることが多くあります。

睡眠を軽視せずに、しっかりとした改善に取り組みましょう。今回は、子供の頃の睡眠の影響が大人になった時にどのような影響を与えるのかについてのお話です。

子供の頃から不規則な生活をしている人の影響

子供の頃の睡眠は大人になった睡眠よりも大切です。睡眠時間は今よりも多く、成長ホルモンの分泌量も比べ物になりません。

ピークは10代の頃に訪れます。残念ながら、10代の頃の成長ホルモン量を今も分泌することはできません。寝る子は育つというのは成長ホルモンが関係しています

身体とこころの成長のほとんどはこの何も考えられない時期に大きく形成されています。子供の頃の不規則な生活が、身体とこころにどのような影響があるのか。

子供の頃の不規則な生活が与える身体の影響

成長ホルモンが活発に分泌されている子供の時期。その時期に質の良い睡眠がとれないと成長ホルモンが分泌されないため、健康的な身体に育ちません。

背が低いとか、筋力量が少ないなども一つの成長ホルモン量による可能性もありますが、個人差があるものですので、そこまで問題ではありません。この時期に睡眠不足に陥ると体力が著しく低下します。

健康的な生活をしている人は体力がつきやすく、体力がなければ精神的な乱れにもつながりやすいので、良く動いて、良く睡眠をとることが非常に大切な時期です。

子供の頃の不規則な生活が与えるこころの影響

朝起きて、夜寝るという習慣を作る体内時計を作るというのも子供の睡眠が大きく影響しています。身体の影響でも話しましたが、成長ホルモンが活発に分泌されるだけではなく、メラトニンの分泌も活発であり、こころの成長もします。人と接する機会が増えてきて、精神的なストレスを感じ始める時期に入ります。

つまり、人とのコミュニケーションの土台を作る時期にしっかりと睡眠を取らなかったり、不規則な生活を繰り返していると感情のコントロールやコミュニケーションが苦手になりやすいということです。

子供の頃の不規則な生活が自律神経失調症を呼ぶ

子供の自分が今の自分を作っていると言っても過言ではありません。しかし、そんなことを言っても子供の頃の自分を今、何とかできるわけではありません。大切なのは今です。

取り戻せない子供の頃ではなく、今なにをしなくてはいけないか

睡眠の質を上げてください。睡眠は万病にも効くと言われるくらい効果的な治癒です。精神的に落ち着かせるのも、身体の疲労回復も、すべては睡眠中に行われています。疲れたら寝る。

簡単ですが難しいですよね?むしろわかっているのにできない人の方が多いと思います。睡眠の質はメラトニンの分泌量と関係しています。メラトニンの分泌量を増やすことに集中してみましょう。

また、メラトニンの分泌量には副交感神経が活発に働いていないと分泌はされません。過度のストレスを感じている状態では分泌されにくい状況となります。

安らぎを与えてくれ、メラトニンの分泌量を増やすのであれば、睡眠サプリメントが有効です。睡眠サプリメントは睡眠に必要な成分だけではなく、リラックス効果を与えてくれる成分を豊富に含んでいます。睡眠の質を上げることで大きな病気にかからないように予防してみましょう。

>>リラックス効果の高い睡眠サプリメント

>>睡眠の質を上げる9つの方法