自律神経失調症ストレスを感じやすかったりストレスに弱い人がなりやすい病気の一つです。ストレスの許容量をオーバーしてもまだ尚頑張ってしまう頑張り屋さんのあなたは、睡眠の質を上げることで対処しましょう。

そもそもストレスに弱い人ってどんな人?

断れない人、感情のコントロールが苦手、同じことで悩んでしまう、人間関係が苦手な人がストレスへの抵抗力に弱い傾向にあります。様々なストレスがありますが、人間関係の悩みが多い人ほど悩みの内容が濃厚です。

ストレスに弱い人というのは性格的な問題が多く、繊細な人や、人のことを考えることが多い人の方がストレスを抱えやすいということです。ストレスをあまり抱えない方が良いのはもちろんですが、もしあなたがストレスを抱えやすい体質であれば、睡眠については人よりも質の良い睡眠を目指してください。

断ることができないだけで、好き嫌いはある

あなたは、人のために動ける素晴らしい人間です。断ることができないのは、相手に対して嫌な思いをさせたくないということの表れであると思います。その相手を思いやるエネルギーを自分にも向けてみてください。

少し断っても、相手にとってはそれほど影響はありません。体調が悪い状態で、飲み会に参加したり、忙しい時期にお願い事をされたりしたときには断ることも大切です。

体長が悪く飲み会の雰囲気を悪くしてしまえば、あなたは悩んでしまうでしょうし、忙しい時期にお願い事をされてしまえば、あなたは必要以上に頑張ってしまいます。

もしかして他人の評価を気にし過ぎているかもしれません

相手の気持ちを思いやっているだけではなく、あなたに対する周りの評価を気にしすぎてしまっている可能性もあります。頼みごとを断られた人があなたのことを悪く言うかもしれない・・・そんなことを考えてしまっていては、どんどん自分を追い込んでしまいます。

もし、あなたが頼みごとを聞いてくれないからといって、あなたのことを悪くいう人はいないと思いますし、いたとしたらあなたは本当にその人のことを信頼出来ていますか?

本当に大切な人の頼みごとを聞ける力を残すくらいの心構えで、人と接してみることも本当に大切な人かどうかを区別できるチャンスだと思って取り組んでみてもいいかもしれません。

コミュニケーションが得意ではない

コミュニケーションが得意ではない人も、ストレスに弱い体質です。先ほどもお伝えした通り、人間関係の悩みは濃厚です。やはり、自分のコントロールの効かないことなので、考えなくてはいけないことが多岐にわたり、あなたを悩ませます。

そして、何よりストレスの解消は人に打ち明けることにもあると思います。

何か不安に感じていることがあれば、人に打ち明けて気持ちを落ち着かせることもできますが、打ち明けることができなかったり、相手がいなかったりと打ち明けられない悩みを自分一人で解決しようと頑張りすぎてしまっていませんか?

自分が相談されたときを思い出してみて下さい。

内容が濃ければ濃いほど、打ち明けてくれた時にうれしいという感情がわいてきませんか?相手もあなたの相談に乗れることを喜びに感じてくれる人もいます。そんな人を作るのは簡単で、言ってみたいと思える人、この人は口が堅いと思えるような人に打ち明けてみることで人間関係が作られます。

相手の話を聞いているばかりではなく、聞いてほしい時には自分から相手を誘いだし、聞いてもらうということも人間関係を形成する上で非常に重要なことです。

そして、聞いてもらえたことだけでも、相手に感謝の気持ちを必ず伝えましょう。

自律神経失調症になりやすい人はストレスに弱い人

人間関係を形成するよりも簡単なストレス解消は睡眠

断ることができない間や、人間関係を形成している段階にもストレスを解消する方法はあります。それは睡眠の質を上げるということです。睡眠には幸せを感じることができる睡眠ホルモン、メラトニンの分泌が行われています。

メラトニンはあなたのこころの平和を保ってくれます。断る能力を身に着けるまでと人間関係を形成するまでの間にもストレスの波は訪れます。メラトニンの分泌を多くし、その波を乗り越える準備をしましょう。

睡眠ホルモンを分泌させるだけではなく、落ち着いた気持ちにさせてくれる睡眠サプリメントもあります。あなたのこころの平和を作るのは、まずは睡眠サプリメントで