睡眠不足が生み出すネガティブ思考は、ストレスを生み出す。本来の生活リズムと大きくかけ離れた生活を送っている人の危険性があります。自律神経という交感神経と副交感神経で形成されている神経がうまく機能しないことであなたの気分は落ち込みやすくなります。

何だそれだけか!なんか楽しいことをしたらいいじゃないか!と思うかもしれませんが、これは大きな問題です。何をやってもネガティブにとらえてしまう可能性を秘めているからです。

ネガティブ思考への第一歩

自律神経が乱れることで起こる問題は、気分を落ち込ませる。なんだかそんな危険というほど大きな問題なんですか?と意見が出てきそうですが、大きな問題だと睡眠管理人は思っています。

ネガティブな思考が生み出すストレス

気分が落ち込むと何が恐い?

ネガティブ思考が働きやすくなってしまうということです。かの有名なマザーテレサはこういっています。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

考えさせられます。

ネガティブな思考が運命に変わる。ということが睡眠管理人が言いたいことです。

ネガティブな思考が、ネガティブな発言を生み、
ネガティブな発言が、ネガティブな行動を生み、
ネガティブな行動が、ネガティブな習慣を生み、
ネガティブな習慣が、ネガティブな性格になります。

ネガティブな性格はあなたの思考を変えることで、ポジティブに変わるチャンスがあるということです。

ネガティブの何がいけないの?

ネガティブな思考は、人を遠ざけることが多くあります。むしろ、遠ざける行動をとりたがります。あの人が悪口を言っているかもしれない。これは、大きなストレスです。

そして、一人が言っていたと思っていることで、その人と仲の良い人もそう思っていると勝手に思ってしまいます。そうすると、自分は嫌われている。これがネガティブ思考といわれる人の自分を悪い方向へ動かしてしまう一例です。

睡眠でネガティブ思考を解消する

睡眠が十分にとられていない睡眠不足という状態では、そもそも起きること事態が苦痛であり、苦痛から一日が始まります。一日の始まりが苦痛で始まることであなたのこころの平和が乱されています。

十分な睡眠がとれていないため、睡眠不足となります。睡眠不足には落ち込みやすい状況を作ってしまう特徴もあります。それが、一日継続されます。習慣化されることによってネガティブ思考へとつながるんです。

そしてそれは運命となってしまうかもしれません。

睡眠不足にならないために睡眠の質を上げる

あなたが本来の活発な人になるためには、睡眠の質を上げてメラトニンの分泌量を増やす必要があります。睡眠の質を上げる効果のある睡眠サプリメントをランキングにしてみましたので、参考にしてもらえればと思います。