自律神経は、交感神経副交感神経で形成されています。この二つには生活するうえで重要な役割があります。

交感神経の働き

状態:身体と脳の活動を活発にする
効果:運動能力と集中力を上昇させる
マイナス効果:ストレスを感じやすい

という状況を作ってくれます。
交感神経はは非常に重要で、危険を感じた時に柔軟に対応できるのは交感神経が活発に活動しているからです。テストの時にいつもよりも集中力が増していたり、試合の時にいつもよりも動けたりするのは交感神経が正常に活動しているためです。

副交感神経の働き

状態:リラックスさせる
効果:疲労回復と栄養を取り込む
マイナス効果:運動能力や集中力の低下

という状況に陥ります。
この活動も重要で、交感神経が優位な時に活動できるエネルギーを蓄えたます。

次の行動を起こす原動力を蓄える時間です。

睡眠管理人は副交感神経に重点を置いています

主に睡眠中に活動しているのは副交感神経で、リラックス状態を作り出します。

疲労回復を行い、消化器系の活動を活発にさせ、栄養を取り込みます。そして、次の行動を起こすための原動力を作っています。睡眠をとることで活動的な交感神経を刺激し、メリハリのある生活が保てるということです。

そのメリハリを作り出すホルモンがメラトニンという睡眠ホルモンです。メラトニンが多く分泌されているときには、睡眠の質が上がり、疲労回復や消化器系の活動が活発になります。

睡眠の質が上がらない人のためにこのサイトを立ち上げました

睡眠の質は睡眠管理人も悩んだところです。そして、生活習慣の改善と睡眠サプリメントで栄養を補って、睡眠の質を上げました。あなたも悩んでないで始めてみてください。

>>睡眠の質を上げる9つの方法

>>睡眠不足が続くことで自律神経失調症となる可能性がある