精神生理性不眠症とは、次の日のことが不安になり不眠症の原因となるものです。

普段から不安を感じていて、夜眠れないことがある人はなりやすい人かもしれません。精神生理性不眠症と聞くと難しいことを言われているようでよくわからないと思います。

簡略して言うと、「心理的・生理的・精神的な不眠症」と言われます。まだよくわからないと思います。

精神生理性不眠は国際的な診断基準

①学習された睡眠妨害連想

②身体化された緊張を特徴とする、心理的要因を原因とした睡眠障害

と定義されています。

夜不安で眠れない?不安を強く感じる人に多い精神性理性不眠症とは_診断基準

 

文字だけでみれば、理解が難しいでしょうが、詳しく説明していきます。

不安を強く感じることで精神生理性不眠になってしまう可能性がある

先述した通り、「心理的・生理的・精神的な不眠症」である精神生理性不眠症は普段から不安を感じている人に見られる症状で、もともと不眠傾向・生活リズムの乱れを自覚している方に多く、社会・生活上のストレス、疾患などを要因に発症します。

もともと神経質な方なども要注意で、早く起きなければいけない・遅刻するわけには行かない・将来に対する不安・病気に対する不安・寝なければいけないなどといった思考が頭の中から離れず、不眠症になります。

①、②の診断基準を要約すると、未来への不安感が眠ることを意識しすぎ「睡眠妨害連想」が起こる。そして、眠ることに対する不安感が身体へと現れる「身体化された緊張」となります。

例えば
明日も大事な用事がある。 ↓ 良いコンディションで行くために十分な睡眠をとらなければいけない ↓ 早く寝なければ←眠ることを意識 ↓ 寝坊したらどうしよう←睡眠妨害連想 ↓             ↓ 緊張して眠れない→身体化された緊張

が当てはまります。

このように今日も眠れないのではないかという不眠に対する不安と、早く寝ようと布団に入る行動が悪循環に陥り、不眠を慢性化させてしまうのです。

精神生理性不眠を改善させるには睡眠について知識をつける

精神生理性不眠の方に多く見られる傾向で自分の睡眠を過小評価しているといった報告があります。自分が一日に何時間寝たのか分からない人が多いように、自分で感じているより長く眠れていること、早く寝つけていることに気づけていないのです。

また、「一日の最適な睡眠時間は7時間だから」「みんなはこのくらいの時間に寝ている」昔のように寝れていないといったような睡眠に対して誤った認識をもっている方にも多く見られる傾向があります。

このような原因から改善方法として、まずはしっかりとした知識を持つこと、次に睡眠時のリラクゼーション法です。リラクゼーションと入ってもリラックスする方法をとることで、アロマを使った方法などが最適とされています。

音を使ったリラクゼーションは使い方が難しく、余計に脳を興奮させてしまい、入眠障害を引き起こしてしまったりするので注意しましょう。

よる不安で眠れなくなる不眠症の一つ精神生理性不眠症のまとめ

不眠症や睡眠障害になってしまう一番の要因はやはりストレスや不安感です。しかし、ストレスや不安感は生きている以上、無くしきることはまず不可能でしょう。改善するには誤った睡眠に対する知識を正すこと。表面上の言葉や文法に惑わされては、どんな方法をとろうとも絶対に改善されることはありません。

睡眠とはなんなのか、なぜ不眠症や睡眠障害が起こってしまうのかをしっかり学ぶことが大切です。

>>睡眠の質を上げる9つの方法

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~