睡眠時間

あなたの睡眠時間はどのくらいですか?

一般的に一日に必要な睡眠時間は7~8時間、3時間睡眠法や睡眠のゴールデンタイムなど、良いと言われる睡眠時間には様々な見解があります。

結局何時に寝たらいいのか、何時間寝たらいいのか、自分に合った睡眠時間は・・・多くの人が疑問を抱えることです。
しかし、実際は適切な睡眠時間は人によってさまざまで、あくまでも平均値であり参考になりません。

「ショートスリーパー(短眠者)」や「ロングスリーパー(長眠者)」といった言葉を聞いたことは無いでしょうか?

かの有名な「ナポレオン」や「エジソンは」一日に4時間しか眠らないショートスリーパーだったと言われています。

逆に相対性理論提唱者である物理学者「アインシュタイン」は一日に10時間も眠るロングスリーパーだったと言われています。

世界の偉人でも睡眠時間はさまざまで、ショートスリーパーとロングスリーパーのどちらが良いといったことはないのです。

理想の睡眠時間は年齢によっても変わり、ずっと同じ睡眠時間でいいということもありません

時間

また、自分の理想の睡眠時間を知ったとしても、寝付きが悪い、起きれない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める方はとても多いでしょう。

ここでは、あなたの理想の睡眠時間を知るための情報を参考になるようご紹介いたします。

睡眠周期(目安)

人の睡眠は睡眠後すぐにノンレム睡眠、しばらくするとレム睡眠、そしてまたノンレム睡眠といった周期を90分周期で繰り返しています。次の日のことを考えずに寝られるとき、パッと目覚められたことはありませんか?これは睡眠周期がピタッとはまり、レム睡眠時に目が覚めれている証拠です。

睡眠時間が短い人で4.5時間(90分を3回)、平均的な人で6時間(90分を4回)または7.5時間(90分を5回)、睡眠時間が長い人で9時間(90分を6回)。まずは上記をベースに、自分の睡眠周期を知ることです。その時間を知るたの目安をのせておきますのでご覧ください。

就寝時間4.5時間後6時間後7.5時間後9時間後
21:001:303:004:306:00
22:002:304:005:307:00
23:003:305:006:308:00
24:004:306:007:309:00
1:005:307:008:0010:00
2:006:308:009:3011:00
3:007:309:0010:3012:00
4:008:3010:0011:3013:00

年齢に応じた睡眠時間

寝る子は育つといった言葉があるように、睡眠は体の修復・回復のほかに、骨を作り筋肉を作るためにとても重要です。証拠に、産まれてすぐの新生児は起きている時間はお腹がすいて泣くだけで、その他の時間はほとんど寝ています。

そのためわずか一ヶ月の間で3000グラムだった体重が4000グラムに、50センチの身長が55センチにと一気に成長します。もちろんそれがずっと続くわけではなく、睡眠時間、伸び率ともに減少し、平均値へと落ち着いていきます。

このように、新生児~未就学児・就学時~成人・そして高齢者といったカテゴリ分けをしっかりすると必要な睡眠時間というのは個人差はあるものの、年齢によってバラバラなのです。

そこで「私たちは実際のところ何時間睡眠が必要なのか?」という分析がNPO法人アメリカ睡眠財団の公式サイトで組まれました。今までの調査結果は正確で正しいのかを確認するために再調査が行われたのです。専門的な組織が年齢別の推奨睡眠時間を定めたのはこれが初めてで、睡眠時間の情報はアメリカ睡眠財団ホームページの中でも、最も訪問が多かったページです。

その調査結果が以下のとおりです。

年齢別推奨睡眠時間
新生児(0~3ヶ月)14~17時間
乳児(4~11ヶ月)12~15時間
歩行児(1~2歳)11~14時間
未就学児(3~5歳)10~13時間
就学児(6~13歳)9~11時間
ティーン(14~17歳)8~10時間
ヤング(18~25歳)7~9時間
成人(26~64歳)7~9時間
高齢者(65歳以上)7~9時間

ご覧いただいていかがでしょう?そうなのかと思う点があるのではないでしょうか。自分に合った睡眠周期を知るために参考にして頂ければと思います。

あくまでも平均値は平均値

ここまで自分にあった睡眠時間を知るために参考となる情報を書かせていただきましたが、あくまでも平均です。
周りの環境、その日の状況、日ごろのストレス、人は千差万別さまざまです。知ったからといって良い睡眠をとれるかといえばそうではありませんが、知らなければ良い睡眠をとることは絶対にできません。

また、冒頭にも書いた、自分の理想睡眠時間を知ったとしても、寝付きが悪い、起きれない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める方はとても多いでしょう。「眠ろう眠ろうと間違った努力」をし、寝ること自体にストレスを感じる方が多いです。それでは上記を知っても自分に合った睡眠時間を知ることはできません。

寝ることは心地よいことと、アロマなどを使い就寝時にリラックスできる方法を考えることも睡眠にはとても大事です。

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~