睡眠太ることが関係している?そう疑問に思われる方は多いのではないでしょうか。ところで、みなさんは「睡眠中もカロリーは消費される」ということ、ご存知でしょうか?痩せたい、ダイエットしたいと考えているのであれば、睡眠の質を上げることを考えても良いと思います。

睡眠とは私たちが思うよりもたくさんのエネルギーを使うことなのです。また、人は寝ているときに身体の代謝を良くするホルモンを分泌しています。上記を理由に、睡眠不足がそのまま太ることにはつながらないのですが、睡眠不足は「太る原因」となっていることが多いのです。このページでは、睡眠と消費の関係について詳しく説明していきます。

質の良い睡眠をとることで消費されるカロリー

あなたは睡眠中よりも起きて生活しているときの方がカロリーは消費されるイメージがありませんか?もちろん間違いではありません。しかし、起きて活動しているときだけではなく、睡眠中だってカロリーは消費されているのです。

あまり知られていない、睡眠中でもカロリーは消費されるということ。睡眠時でも、人によって誤差はあるものの、なんと約300Kcalものカロリーが消費されているのです。Kmのジョギングで250Kcalと言われていますので、寝ているだけで300Kcalというその効果は絶大です。睡眠時は身体を休めているだけではなく、身体の修復や回復、筋肉を作り上げることや、余分な脂肪を落とす作業が行われています。

質の良い睡眠では、代謝が活発になり、修復、回復、筋肉を作り出すことによってカロリーが消費されます。

質の良い睡眠をとることで消費されるカロリー

しかし、睡眠不足になると食欲をコントロールできなくなり、摂取カロリーが増加し、消費カロリーが減少してし、結果太ることにつながります。では睡眠不足になるとなぜ太りやすくなるのでしょうか?

睡眠不足による成長ホルモンの崩れ

睡眠中にカロリーが消費される理由に成長ホルモン、別名「痩せホルモン」というものが関係しています。私たちは睡眠中に分泌される成長ホルモンは、身体の疲れなどを修復し、回復する機能があり、結果、睡眠中にもカロリーを消費するということに繋がります。

睡眠をとらないと、成長ホルモンが十分に分泌されず、代謝が低下し、消費カロリーが減少してしまうんです。それに加え、成長ホルモンは食欲にも大きく関係し、ホルモンバランスが崩れると、「グレリンとレプチン」というホルモンバランス乱れ、過食気味になってしまいます。

「グレリン」とは食欲増進のホルモンで、睡眠の質が悪いと分泌量が増える傾向にあります。すると、必要でもないときに空腹を感じたら、カロリーの高い食事を好むようになってしまいます。「レプチン」とは食欲を抑えるホルモンで、睡眠の質が悪いと分泌量が減る傾向にあります。

グレリンとレプチンの分泌量を8時間睡眠と5時間睡眠を比べると、約15%もの差がでるといった研究結果も出ています。睡眠時間が短いと、食欲が増し、抑えることができなくなり、逆に、しっかりと睡眠時間をとれれば、食欲がいつもどおりに抑えられるようになります。

睡眠不足による成長ホルモンの崩れ

十分な睡眠をとる事でグレリンが減り、レプチンが増えるので、食べ過ぎを防いで痩せやすい体質になっていくということです。

十分な睡眠時間がホルモンバランスを整える

人間の一生は、3分の1が睡眠時間といわれるように、睡眠をおろそかにすると思っている以上に身体には大きな影響が出てしまいます。また、睡眠時に分泌されることが多い成長ホルモンを増やすため、睡眠の質を良くするためにはどうしたらいいのか。といったような工夫や努力も大切です。