生活習慣病である糖尿病睡眠不足改善で抑制できることをまとめてみました。あなたの生活習慣が、糖尿病へと近づけている可能性があります。

睡眠不足と高血圧の関係性

糖尿病は高血糖の病気で、高血糖の状態だと非常に多くの合併症を引き起こす怖い病気です。そんな怖い病気、糖尿病が睡眠不足と関係しているということですが、睡眠不足が糖尿病になりやすい状態になるのです。

睡眠不足になると、高カロリーな食べ物を好みます。高カロリーな食べ物を好むのにプラスして、さらに食欲増進ホルモンを活発にさせ、食欲抑制ホルモンを減少させます。これで、血糖値が上がる状態が作られるというわけです。

それだけではなく、インスリンというすい臓で作られている血糖値をコントロールするホルモンの働きに抵抗するようになってしまいます。

食欲増進からインスリンの抵抗性が高まり、血糖値をコントロールできなくなり、高血糖になり糖尿病へ

そして、高血糖の状態が出来上がってしまいます。

睡眠不足を改善させることで、血糖値を元に戻しましょう

血糖値を元に戻すには、高カロリーの食べ物を食べないこととホルモンの働きを正常に戻す必要があります。しかし、どれも元々は正常であったものが、睡眠不足によって乱れてしまっています

身体を正常に保つためにも、睡眠の質を重視し、質の高い睡眠で健康体に改善していきましょう。

睡眠不足にならないようにするには睡眠の質を上げる

日本は先進国と比べても睡眠時間が少ないことで有名です。さらには、謙虚さが売りの日本は、少しネガティブ思考な一面もあり、睡眠の質にも影響を与えてしまいます。

ネガティブ思考はストレスに直結してしまう可能性もあります。しかし、思考の変更をしなさいと言われてもそんな簡単にできるわけもありません。

睡眠の質を高める方法はたくさんあります。その中でも、睡眠管理人が非常に役立ったのが生活習慣の改善と睡眠サプリメントを使ったことです。睡眠の質を上げることで、改善されることは糖尿病だけではありません。高血圧の可能性も秘めています。

そして、睡眠不足の時には気分が優れずに不機嫌になってしまったり、めんどくさいと思ってしまうことも多いですが、そういった数値では表せられない部分の回復も期待できます。

糖尿病の改善だけではなく、あなたの楽しい生活も取り戻しましょう。

>>睡眠の質を上げる9つの方法