女性はだいたい月に1回ほど生理がきますよね。月経が正常であれば25日~38日の周期で3日~7日継続します。ですが中には生理不順と呼ばれる状態の方もいるかと思います。さらに、生理痛に悩んでいる人も、睡眠不足が関係しているかも。

睡眠不足と生理不順

なぜ睡眠不足だと生理不順になるのか、睡眠不足だと疲労回復がしきれずホルモンバランスが崩れます。生理に必要な女性ホルモンの分泌も抑えられてしまうため睡眠不足と生理不順には切っても切れない関係があります。

さらに睡眠にはストレス解消の役割があるのですが、睡眠不足だとストレス解消も十分に行われないためストレスも溜まってしまいます。生理不順の原因の主なものにはストレスがありますので睡眠を改善することにより生理不順が改善することもあります、ぜひ睡眠には気を使ってみてください。

ちなみに生理不順の判断基準としては、数ヶ月に一度しか生理が来ない、1ヶ月に何度も来る、生理周期が1週間~1ヶ月単位で毎回バラバラ、妊娠の可能性がないのに突然生理が来なくなる、などです。

ホルモンバランスが乱れる ↓ ストレスの解消も不十分 ↓ ストレスが溜まり、生理不順へ

これらの場合は生理不順と言える状態ですので改善に向けて頑張っていきましょう。

ちなみに生理の悩みとしては生理不順以外に生理痛もあります。健康な状態だと通常生理痛はあまり来ないものなのですが、睡眠不足により生理痛が引き起こされる場合もあります。

睡眠不足と生理痛

睡眠不足だと生理不順の他に生理痛を引き起こしてしまうこともあります。これも生理不順と同じように女性ホルモンの分泌が少なくなり、ホルモンバランスが崩れてしまうことが主な原因です。ホルモンバランスが乱れることによって様々な生理痛の症状を引き起こしてしまいます。

なので睡眠不足は生理痛を悪化させると言われているのですね。逆に生理痛によって睡眠不足を引き起こしてしまう場合もあります。

女性の約3割はひどい生理痛に悩まされているそうです。生理痛でうまく睡眠がとれないとなると生理痛→睡眠不足→生理痛の悪化、と悪循環を引き起こしてしまいかねません。

ホルモンバランスが乱れる ↓ 生理痛が起きる 繰り返される負の連鎖

他にも生理中にうまく睡眠がとれない原因としては、体がだるい、気持ち悪い、漏れを気にする、これらによっても睡眠不足は引き起こされてしまう可能性があります。

女性なら生理に悩みを抱えている人や不安を抱えている人も多いと思いますので良質な睡眠を生理のトラブルの解決に役立ててみてください。

質の良い睡眠で生理の悩みを解決

質の良い睡眠をとることによって睡眠不足が緩和されていきます。睡眠不足から開放されれば生理不順や生理痛などの悩みからも開放される可能性があります。ちなみに生理中に眠気がひどくなることはありませんか?これは睡眠不足で眠たくなるというよりは、生理によるホルモンバランスの崩れや妊娠の準備をするために眠気がくると言われています。

睡眠時間をしっかりとり睡眠の質を改善することによって眠気も多少は緩和されていくと思います。わたくし睡眠管理人にも生理痛がひどかった時期や生理不順に悩まされていた時期がありました。

そんなとき睡眠に着目してみて睡眠の質をあげるように努力した結果、ずいぶんと生理の辛さはなくなっていったように感じます。女性として生きていく上で閉経のときまで生理は毎月のように来ます。

あなたも睡眠不足と生理に悩みを抱えているのであれば睡眠の質を高めるための注意点を確認し、私と同じように生理の辛さとうまく向き合っていきましょう。

 

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~