喫煙は健康に害があり、老化を早めることで有名ですね。その原因が活性酸素を過剰に分泌させてしまうということにあります。疲労の原因と言われている活性酸素は、なぜ身体を疲労させ、老化させてしまうのでしょうか?

喫煙は活性酸素が溜まる

喫煙は活性酸素を作りやすい状況になります。喫煙ががんを助長するものであることはよく言われていますよね?煙が身体の中に入ってくることで白血球はそれを除去しようと動き始めその時に排出される物質が活性酸素です。

煙草の煙の中にも活性酸素の一つである過酸化水素が含まれており、過酸化水素の影響で抗酸化物質のビタミンCも破壊されてしまいます。煙草はお肌に良くないと言われているのはこれが原因です。煙草1本で、100兆もの活性酸素を発生させるとも言われています。

煙が体内へ ↓ 白血球が除去へ動き出す ↓ 活性酸素が排出される ↓ 煙の中にも活性酸素が増加する

そして活性酸素は疲労物質とも言われています。活性酸素が異常に発生していると、身体は疲れてしまいます。

活性酸素は身体を疲労させる

活性酸素は本来免疫に必要なもので、白血球の一部は活性酸素の力を利用して体内に侵入してきた細菌を破壊します。増えすぎる、細胞への攻撃も始まり、細胞が攻撃されると酸化されてしまいます。

酸化されてしまった細胞は、栄養と酸素がうまく運べなくなり、エネルギーが十分に作られなくなります。そして、栄養と酸素が不足することであなたの身体は疲労してしまったり、疲労しやすい体質へと変化してしまいます。

本来は細菌を攻撃する ↓ 増えすぎて細胞も攻撃する ↓ 栄養と酸素がうまく運ばれない ↓ 栄養と酸素が運ばれず、疲労へ

これが活性酸素が身体を疲労させる原因と言われています。

活性酸素の除去にはメラトニンを多く分泌させる

メラトニンとは、睡眠ホルモンと言われたり幸せホルモンと言われたりと別名を持つホルモン物質です。別名通り、睡眠時に多く分泌されています。また、リラックスさせる効果があるので、このような別名がつけられています。メラトニンは活性酸素を除去することができ、さらには活性酸素を除去したことで酸化したメラトニンがほかの細胞を酸化させることもありません。

活性酸素を活用する細胞や物質は酸化してしまいほかの物質や細胞と反応すると相手も酸化させてしまいますが、メラトニンは酸化しても安定しているため、ほかの物質や細胞を酸化させません。さらには、メラトニンは非常に活性酸素に強く、1つのメラトニンに対して4つの活性酸素を除去することができます。

メラトニンを多く分泌させることで、喫煙で増えてしまった活性酸素も除去することができるということです。

メラトニンを多く分泌させるにはどうすれば良いの?

メラトニンは睡眠ホルモンという別名があるという説明をしましたが、それは睡眠時に分泌されるホルモンがメラトニンだからです。メラトニンの分泌を多くするには、副交感神経の働きを活発にする必要があります。副交感神経はメラトニンを分泌する指示を送る神経です。

睡眠の質を上げるには様々な方法がありますので、睡眠の質を上げる9つの方法を読んでください。喫煙は、活性酸素の観点から見ても身体を疲れさせる原因となるものです。喫煙は、100害あって1 利なしと言われるようにあなたの身体を壊してしまいます。