全然妊娠できなくて悩んでませんか?睡眠には妊娠に必要な女性ホルモンの分泌を促す重要な役割があります。睡眠不足により女性ホルモンが減少し妊娠しにくい身体になってしまうことがあります。

逆に言えば睡眠不足を解消することによって妊娠しやすい身体をつくることができるので妊活にもおすすめです。もしあなたが睡眠不足と不妊で悩んでいるのであれば睡眠の質改善と妊活、両方に役立てる方法を確認してみましょう。

睡眠不足で妊娠しにくくなる

睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れることにより成長ホルモンや睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌量が少なくなってしまいます。

ちなみにこの成長ホルモンには女性ホルモンの分泌を調整する効果があります。成長ホルモンはほとんどが睡眠中に分泌されるので、睡眠不足だとその分女性ホルモンの分泌も少なくなってしまうことがあります。

成長ホルモンの分泌が減少する ↓ 女性ホルモンの分泌も減少する ↓ 正常な排卵ができない ↓ 妊娠しにくくなってしまう

女性ホルモンが少なくなると生理もうまく来なくなることがあるので、正常な排卵ができず妊娠しにくくなってしまいます。生理の悩みと睡眠不足についてはこちらで詳しく解説しています。

睡眠には身体を回復させ、ホルモンバランスを正常にする効果があります。さらに自律神経を整える効果も睡眠にはあります。自律神経が乱れると血行不良や低体温などの妊娠の妨げになってしまう状態にもなりますので注意が必要です。

ちなみに睡眠中に分泌される睡眠ホルモンであるメラトニンにも、実は最近では妊娠にも役立つことがわかってきました。

睡眠ホルモンは妊娠にも役立つ

メラトニンは睡眠に必要なホルモンとして知られています。睡眠ホルモンとも呼ばれているホルモンです。実はメラトニンには卵胞の発育の邪魔をする活性酸素を減らす役割もあります。

活性酸素は細胞を傷つけ、老化の主な原因にもなる物質です。このメラトニンは卵の成熟を妨げる活性酸素を取り除くことができ、卵を保護してくれます。メラトニンを投与すると卵の質が向上し、受精率や妊娠率が高まったという実験結果もありますので、メラトニンは不妊治療にも役立つホルモンであることが徐々に解明されつつあります。

メラトニンには抗酸化作用があります、簡単にいえば身体が若返ります。身体が若返ることにより卵の質があがりより妊娠しやすくなるということなんですね。

不妊解消のために睡眠の質を高めよう

不妊に悩んでいるのであれば女性ホルモンとメラトニンの分泌を促す必要があります。女性ホルモンは成長ホルモンにより調整されるのでまずは成長ホルモンの分泌を促す必要があります。

成長ホルモンを増やすために最も大切なことは睡眠の質を高め十分な睡眠をとることです。成長ホルモンは睡眠に入ってからの最初の3時間で最も分泌されますのでこちらの記事を確認し効率よく成長ホルモンを分泌させましょう。

抗酸化作用があるメラトニンに関しては、体内時計と密接に関わっているのでこちらの記事でメラトニンを増やす方法を確認してみましょう。