妊娠する前は眠れていたのに妊娠すると睡眠不足になる人が多いです。簡単に言うとその原因は妊娠したことにより身体のホルモンバランスが変化することにあります。

妊娠するとなぜ睡眠不足になりやすいのか。

妊娠すると女性ホルモンが乱れます。 その女性ホルモンとはプロゲステロンエストロゲンの二種類です。この二種類の女性ホルモンのバランスが崩れるため睡眠不足になってしまいます。

妊娠初期~出産まで赤ちゃんをお腹の中で育てていくため、妊婦の身体は次第に変化していきます。妊娠してから出産するまでに睡眠にはどのような影響があるのでしょうか。

妊娠周期ごとの睡眠への影響

①妊娠初期 プロゲステロンが多く分泌 常に眠気に襲われる ②妊娠中期 エストロゲンが多く分泌 睡眠を浅くする ③妊娠後期 不安な気持ちになり、睡眠不足

①妊娠初期

妊娠初期では妊娠を維持するために赤ちゃんにたっぷりと栄養を送ってあげる必要があります。栄養をたっぷり送るには妊婦もしっかりと休む必要があり、そのために女性ホルモンの1つであるプロゲステロンが多く分泌されます。このプロゲステロンによって赤ちゃんを守るため、必要なエネルギーを蓄えるためにリラックスして休めるようになっています。

そのため妊娠初期にはいくら睡眠をとっても足りないという状況になり常に眠気が出てしまいます

②妊娠中期

妊娠中期以降では初期に出ていたプロゲステロンの分泌が抑えられ、安定するため眠気はだんだんと改善されていきます。しかしもう1つの女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が増えていきます

このエストロゲンは産後の育児のために備えて睡眠を浅くする作用があります。授乳育児では満足に睡眠をとれないことも多いですからそのための練習のようなものです。さらにちょうどこの頃から胎動を感じ始め、中にはこの胎動によって眼を覚ましてしまうこともあります。

③妊娠後期

この頃からお腹も大きくなっていき睡眠をとるときの体勢も制限されていきます。うつ伏せにはなれませんし仰向けになっていてもお腹が苦しくなってしまいます。そしてこの大きくなったお腹によって膀胱が圧迫され頻尿になり、夜中にも何度も眼が覚めてしまいます。

胎動もより激しくなるため睡眠も浅くなっていきます。出産が近づくことによって不安な気持ちになり睡眠不足になってしまうという方も多いです。そのため妊娠後期は特に睡眠不足に悩まされる時期とあります。

妊娠のときの睡眠不足を緩和するために

妊娠中期以降はうまく眠れない時期が続きます。だからといって睡眠薬を飲むと赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうので怖いですよね。

そんなときには天然成分で出来ていて妊婦さんでも安心して飲めるマインドガードDXがありますので睡眠不足解消のためのサポートとして飲んでみてください。出産後も思うように睡眠がとれない時期が続いてしまいます、授乳育児のときの睡眠についてはこちらの記事を読んで確認しておきましょう。

 

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~