睡眠いびきをかく人は結構多いのではないかと思います。ご主人や恋人や友人にいびきを指摘されたことはありませんか?たかがいびき、されどいびき、実はそのいびきには怖い病気が潜んでいるかもしれません。

いびきの種類

いびきには大きく分けて3種類あります。それぞれのいびきの原因や症状を確認してみましょう。

3種類のいびき①単純いびき症 ②睡眠時無呼吸症候群 ③上気道抵抗症候群

①単純いびき症

睡眠中にかく最も一般的ないびきはこれにあたります。原因としては、心身の疲労、ストレス、飲酒、風邪などの鼻づまり、などがあります。これは一時的な要因が多いいびきであるため、その原因を取り除けばすぐに解消されることがほとんどです。

飲酒や風邪などの鼻づまりは、また別の話となりそうです。しかし、心身の疲労、ストレスは睡眠と大きく関係しています。心身の疲労を回復するのも、ストレスを解消するのも睡眠の質を上げることが必要です。

②睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠中に呼吸が止まったり、止まりかけたりを断続的に繰り返す症状がでます。呼吸が止まる度に睡眠が浅くなってしまうので睡眠不足になりやすくなってしまいます。肥満により首回りに脂肪が溜まっている、扁桃腺が肥大している、舌が大きい、下顎が後退している、などが主な原因となります。

睡眠時無呼吸症候群になると慢性的な睡眠不足により事故率が上がる、血液中の酸素が足りなくなり動脈硬化や不整脈の原因になる、血圧や血糖値が上昇するなどの症状を伴うこともあります。睡眠時無呼吸症候群に関しては高血圧や糖尿病などの合併症として現れることがありますので病院での治療を受けることをおすすめします。

③上気道抵抗症候群

上気道抵抗症候群に関しては主な原因ははっきりしていませんが上気道が狭くなり、空気抵抗が増えるため、粘膜が震える症状がでます。ちなみに女性のいびきにはこちらが多いとされています。日中に強烈な眠気に襲われたり睡眠に入ると必ずいびきをかくといった症状がでます。

上気道抵抗症候群は心臓病や糖尿病の初期症状として現れることもありますのでこちらに関しても病院での治療をおすすめします。いびきは大きく分けると上記の3種類ありますが、いびきを引き起こす原因は他にもいくつかありますので見ていきましょう。

いびきの主な原因

いびきを引き起こす原因と言えば、肥満、口呼吸、疲労、ストレス、仰向けで睡眠をとる、鼻炎、アルコール、睡眠薬や精神安定剤、加齢などがあります。鼻呼吸を意識して、生活習慣を改善し、睡眠をしっかりとればこれらの原因はだいたい改善されていきます。

睡眠の質を高めいびきの予防を

一緒の部屋で睡眠をとっているパートナーのいびきに悩まされて睡眠不足になっている人もいると思います。そんなときはパートナーには睡眠に気を使ってもらいいびきの改善を、ご自身も睡眠の質を高めるよう心がければ睡眠不足の悩みも早い段階で解消されることでしょう。

病気によるいびきの場合は病院で診断してもらえば、適切な治療を受けることによるいびきの改善や、自覚症状が出ていなかった大きな病気の早期発見にもつながるかもしれません。病気の心配がないいびきの場合は睡眠の質を高めることにより改善されることが多いです。

睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つことを確認し、いびきの問題と睡眠の問題、両方を解決していきましょう。

 

よく読まれている記事

このサイトでは、睡眠の質を改善することを目的にサプリメントを使ってきた睡眠管理人が睡眠の質を改善するために必要なことをまとめています。睡眠管理人自身も睡眠の質の改善に悩み、試行錯誤を繰り返し行ってきました。

睡眠の質を根本から理解する

>>睡眠の質を上げるのに注意してほしい9つのこと!睡眠管理は生活の管理から

>>睡眠不足を解消するだけではない乳酸菌サプリメント

>>朝起きられない5つの原因

睡眠管理人が睡眠の質を上げるために使ったサプリメント

トップページランキング用②

>>睡眠サプリメントランキング

>>マインドガードDX~睡眠効果とリラックス効果にはこだわりの天然成分~

>>潤睡ハーブ~必須アミノ酸全9種類を含む~

>>デイリーシャント~腸の調子を整える乳酸菌生産物質~