突然ですが、皆さんはビタミンB1をしっかりとれていますか?

健康の話になると大体真っ先に出てくるビタミン。そんなビタミンの中でも睡眠に関わるビタミンB1のお話をしましょう。

ビタミンB1で居眠り防止!

ビタミンB1がなぜ睡眠に関連するのか?これはある臨床実験の結果に表れています。

二重盲検試験(思い込みを防ぐために医者・被験者ともに実験内容を伏せる試験)にてビタミンB1が不足している人に対し、ビタミンB1を必要量投与した結果、睡眠パターンの正常化(睡眠の質向上)や幸福感の増加、日中の眠気が少なくなったというデータがあります。

このことから、ビタミンB1の摂取により健康な睡眠が得られ、ストレスも緩和されることが分かります。ぐっすり眠れない人、仕事中に居眠りしそうな人はぜひビタミンB1を意識して摂取してみて下さい。

ビタミンB1はとっても壊れやすい!

ではビタミンB1を取るにはどのようにすればよいのでしょうか?一般的にビタミンB1を多く含む食品は以下のものです。

・豚肉
・ウナギ
・玄米

じゃあこれを毎日とればいいのか!!!というわけではありません。
ビタミンB1にはある特性があり、摂取前にそれを知らなければ効率的にビタミンB1を摂取することはできません。

その特性とは、ビタミンB1は熱に弱い!!ということです。

睡眠に必要なビタミンB1・睡眠の質を上げる ・幸福感の増加 ・ストレス緩和しかし・・・加熱調理にはめっぽう弱く、 調理中に1/3以上が壊れてし まい、効果が期待できません。

ビタミンB1は熱に弱く調理の際に1/3以上が壊れてしまうといわれています。ここで上の食材をもう一度見て下さい。どう考えても火を通さないと食べられませんよね?という事はせっかく食べてもビタミンB1がかなり少なくなった状態なのです。

これでは効率的とは言えませんよね?

※余談ですが、ウナギは魚だからお刺身で・・・と思ったあなた。
ウナギの血液には「イクチオヘモトキシン」という毒素が含まれ、呼吸困難、嘔吐、目に入った場合は失明などの症状が起きますので、現実的ではありません。

サプリメントでビタミンB1を効率的に摂取しよう

上で述べたようにビタミンB1は非常に熱に弱いです。だからと言って生で食べられる食材は限られます。そんな時は無理せずに睡眠サプリメントで補いましょう。サプリメントであれば加熱せずにそのまま摂取できますので、含有量分をそのまま吸収できます

しかも錠剤なので普段の食事に影響を与えることもありません。デイリーシャントはそんなビタミンB1を豊富に含むとともに、腸内環境を整える乳酸菌も豊富に含んでいますので、あなたの体調をトータルサポートしてくれます。